メインメニューを開く

藤岡 陽子(ふじおか ようこ、1971年7月21日[1] - )は、日本の小説家看護師[2]。本名、中原陽子[1]。2児の母[2]

経歴編集

京都府京都市に生まれる[1]同志社大学文学部卒業[2]。卒業後は文章を書く仕事がしたい[3]1994年報知新聞社にスポーツ記者として勤務し、高校野球やゴルフを取材する[2]。しかしプロの選手が並々ならぬ努力を続けているのに比べ、どこかで自分は全力でないことを感じていたことや[3]、遅筆だったためにスピードを求められる仕事は自分には合わないという思いがあり、整理部を経て1997年9月、およそ3年半で退社[2]。その後、全てをリセットするためにタンザニアダルエスサラーム大学に留学し[2][3]スワヒリ語科で学ぶ[4]。卒業はせず帰国し[4]1999年大阪文学学校(夜間部)に通い[5]、小説を書いては投稿する日々を続けるが落選が続く[3]。29歳の時に新人賞の最終候補に残るが、その後結婚し、出産したことで小説を書く余裕を無くしてしまう[3]。また、経済的に夫に依存することに不安を感じ、慈恵看護専門学校を卒業して、看護師資格を習得[3]。小説を書きたいという気持ちは依然として強かったため[3]2006年、再び大阪文学学校(昼間部)で学び[5]、同年「結い言」で宮本輝が選考する第40回北日本文学賞選奨を受賞[2]2009年、『いつまでも白い羽根』でデビュー[2]

2017年現在、京都市内の脳外科に勤務する[2]

著書編集

  • いつまでも白い羽根(2009年6月 光文社 / 2013年2月 光文社文庫
  • 海路(2011年6月 光文社)
  • トライアウト(2012年1月 光文社 / 2015年3月 光文社文庫)
  • ホイッスル(2012年9月 光文社 / 2016年11月 光文社文庫)
  • 手のひらの音符(2014年1月 新潮社 / 2016年9月 新潮文庫
  • 波風(2014年7月 光文社)
  • 闇から届く命(2015年2月 実業之日本社
  • 晴れたらいいね(2015年7月 光文社 / 2017年8月 光文社文庫)
  • おしょりん(2016年2月 ポプラ社
  • テミスの休息(2016年4月 祥伝社)
  • 満天のゴール(2017年1月 小学館
  • この世界で君に逢いたい(2018年7月 光文社)
  • 海とジイ(2018年11月 小学館)

アンソロジー編集

「」内が藤岡陽子の作品

  • リアルプリンセス(2017年1月 ポプラ社 / 2019年4月 ポプラ文庫)「あの人は海を捨てた」

メディア・ミックス編集

テレビドラマ編集

ラジオドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.463
  2. ^ a b c d e f g h i 藤岡陽子 (2017年12月16日). 現役看護師作家・藤岡陽子さんが描く前向きな死とは「走り抜いた先の着地点」. インタビュアー:甲斐毅彦. スポーツ報知.. https://www.hochi.co.jp/topics/serial/CO019592/20171214-OHT1T50218.html 2018年9月23日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g 藤岡陽子. インタビュー 作家 藤岡陽子. (インタビュー). WEB文芸 RENZABURO.. http://renzaburo.jp/interview/001/index.html 2018年9月23日閲覧。 
  4. ^ a b 藤岡陽子. 『手のひらの音符』. インタビュアー:山田洋介. オトバンク.. https://www.sinkan.jp/special/interview/bestsellers55.html?archive 2010年5月1日閲覧。 
  5. ^ a b 小原 (2018年3月23日). “藤岡陽子さん(文校修了生)の小説がテレビドラマ化!”. 文校ブログ. 大阪文学学校. 2018年9月23日閲覧。