メインメニューを開く

桜井 ユキ(さくらい ユキ、1987年2月10日 - )は、日本女優

さくらい ユキ
桜井 ユキ
生年月日 (1987-02-10) 1987年2月10日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県
身長 163 cm
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2011年 -
事務所 ユマニテ
公式サイト プロフィール
主な作品
映画
リアル鬼ごっこ
THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビューティ
真っ赤な星
テレビドラマ
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
絶対正義

福岡県出身。areaを経て、2016年からユマニテ所属。

目次

来歴編集

小学3年生のころから女優を志し、19歳の時に女優を目指して一度上京するものの1年あまりで福岡の実家に戻り、23歳まで飲食業や実家の手伝いで過ごす[1][2]

「年齢的に最後のチャンス」と23歳で2度目の上京を果たし、10代のころに声をかけられたマネージャーから再び声をかけられ芸能事務所に所属して、本格的に芝居の勉強を開始[1][2]2011年、24歳の遅咲きデビューで舞台やCMを中心に芸能活動を開始する[3]

2013年から映画へ活動の場を移し『寄生獣』、『新宿スワン』、『リアル鬼ごっこ』、『ピース オブ ケイク』などの話題作に次々に出演、2015年の1年間で8作品に出演して実力派として存在感を発揮する[3]。『リアル鬼ごっこ』では女子高校生姿でキレのあるアクションを披露して鮮烈な印象を残し、一躍注目を集める[4]2016年に入り1月期のフジテレビ月9ドラマいつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に起用され、連続ドラマに初出演[3][5]

2016年より満島ひかり安藤サクラらが所属するユマニテに移籍[4]。30歳の節目となる2017年に『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビューティ』で映画初主演を飾る[2]

人物編集

身長163cmみずがめ座[6][7]

特技は、サクソフォーンピアノの演奏[8]日本舞踊藤間流)、アクション[3]

幼少期から「人と話すのが苦手」「人嫌い」で「一人で殻に閉じこもって壁を作るタイプ」だったが、上京後に受けた演技の基礎を学ぶワークショップで感情面の開放を行ったことで次第に感情を表に出すことが楽になっていって、芝居の経験によって「人間としても新たに生まれ変わることが出来た」と語っている[5][9]

実家は自営業(接客業)。高校時代から、笑うことが出来ない。克服して女優として東京に出てくる。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

舞台編集

CM編集

  • SUBARU Your story with「プロポーズ」篇(2011年、演出:宮崎光代
  • NEXCO中日本「さぁ!高速で行こう!」中央道篇(2012年、演出:成田洋一
  • KIRIN キリン氷結「新しい氷結」篇(2013年、演出:岩井克之
  • FANCL 洗顔パウダー「洗うだけで化粧水ゴクリ肌。」篇 (2013年、演出:新井博子
  • KADOKAWA Pantovisco著 「乙女に捧げるレクイエム」(2016年)
  • リクルート SUUMO (スーモ)「夫婦で家探し」篇(2016年)
  • セシール 素肌の声を聞く。「Tシャツみたいなブラ」篇、「前汗キャッチャー」篇(2017年)
  • スタージュエリー 2017 HOLIDAY MOVIE「想いは、輝く。」篇(2017年)
  • マスターカード 人生を選ぼう。pricelessを選ぼう。「世界で最も使えるMastercard in 台湾」篇(2018年)
  • 三菱地所 横浜三菱地所周年記念ショートフィルム「4つのお祝い」(2018年、監督:沖田修一

ミュージックビデオ編集

その他編集

  • フリーペーパー『SHISEIDO THE GINZA NEWS』ギンザドキドキ vol.003 Let's party (2011年)
  • ここまで来た!次世代テレビ スーパーハイビジョン (2013年3月27日、NHK総合)
    • ショートムービー『美人の多い料理店』(演出:李闘士男) - 香 役

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 小松未来とのダブル主演。

出典編集

  1. ^ a b 桜井, ユキ (2018年11月28日). 期待の演技派、桜井ユキ「色彩の美しさやストーリー、肌で感じて」 映画『真っ赤な星』で小松未来とダブル主演. インタビュアー:武田由紀子. 朝日新聞デジタル&M(アンド).. https://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018112250701.html 2019年1月31日閲覧。 
  2. ^ a b c “桜井ユキ、初主演で高橋一生とラブシーン披露「何の抵抗も迷いもなかったです」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2017年10月15日). https://www.jprime.jp/articles/-/10820 2019年1月31日閲覧。 
  3. ^ a b c d “【注目の人物】月9「いつ恋」で有村架純の先輩役・桜井ユキ “遅咲きの実力派女優”に熱視線”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年2月1日). https://mdpr.jp/interview/detail/1560619 2019年1月31日閲覧。 
  4. ^ a b “桜井ユキ、初主演で高橋一生とラブシーン披露「何の抵抗も迷いもなかったです」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社): p. 2. (2017年10月15日). https://www.jprime.jp/articles/-/10820?page=2 2019年1月31日閲覧。 
  5. ^ a b 桜井, ユキ (2016年3月5日). 月9“いつ恋”で話題の遅咲き女優・桜井ユキ「何が楽しくて生きていたのかわかんない」. インタビュアー:週プレNEWS編集部. 週プレNEWS(集英社).. https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2016/03/05/61876/ 2019年1月31日閲覧。 
  6. ^ http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=36
  7. ^ http://www.vip-times.co.jp/?talent_id=W16-0057
  8. ^ https://web.archive.org/web/20160331091012/http://www.a-r-e-a.jp/talent/yuki_sakurai/
  9. ^ 桜井, ユキ (2016年2月21日). [Interview]「病んでいた自分、ありがとう!」2016年ブレイク確実の桜井ユキ、目標は“顔指され女優”. インタビュアー:石井隼人. TOKYO POP LINE(添野企画).. https://tokyopopline.com/archives/57063 2019年1月31日閲覧。 
  10. ^ “黒澤明へのオマージュちりばめたクライムサスペンス「フローレンスは眠る」公開”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年12月21日). http://natalie.mu/eiga/news/170032 
  11. ^ “映画「娼年」に真飛聖・冨手麻妙・西岡徳馬・江波杏子、全キャスト発表”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年12月19日). https://natalie.mu/stage/news/261682 2018年3月18日閲覧。 

外部リンク編集