メインメニューを開く

藤島正之

日本の政治家、弁護士、官僚

藤島 正之(ふじしま まさゆき、1943年3月31日 - )は、日本政治家防衛官僚弁護士公益財団法人日本国防協会副会長[1]。元衆議院議員(1期)。

藤島 正之
ふじしま まさゆき
生年月日 (1943-03-31) 1943年3月31日(76歳)
出生地 新潟県柏崎市
出身校 中央大学法学部
前職 国家公務員防衛庁
現職 弁護士
所属政党自由党→)
民主党→)
無所属

選挙区 比例九州ブロック
当選回数 1回
在任期間 2000年6月26日 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

新潟県柏崎市生まれ。新潟県立柏崎商業高等学校中央大学法学部卒業。大学在学中に司法試験に合格した。大学の1年先輩に高村正彦がいる。

1967年防衛庁に入庁。防衛庁国際平和協力本部事務局次長を務めていた当時は、ルワンダにおける国際連合平和維持活動(PKO)への自衛隊派遣をめぐる諸問題に取り組んだ。その後防衛庁長官官房長に就任するが、防衛庁調達実施本部背任事件の責任を問われる形で1998年9月に官房長を更迭され、同年11月に防衛庁を退官した。

2000年第42回衆議院議員総選挙自由党から比例九州ブロック(単独1位)で出馬し、初当選。2003年民由合併に伴い、民主党に入党。同年の第43回衆議院議員総選挙では、出身地である柏崎市を含む新潟県第2区からの出馬を希望していたが、民主党前職の坂上富男が公認を得たため、無所属で出馬。田中眞紀子外務大臣(当時は無所属・非議員)の支援[2]も受け、坂上の得票数は上回ったものの自由民主党近藤基彦に敗れ、次点で落選した[3][4]

2007年、財団法人日本国防協会副会長就任。

家族編集

著書編集

  • 空に海に陸に防衛にかけたロマン(ジャパン・ミリタリー・レビュー、2001年3月)

脚注編集