メインメニューを開く

虹 (1970年のテレビドラマ)

1970年に製作された朝ドラ

』(にじ)は、1970年昭和45年)4月6日から1971年(昭和46年)4月3日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第10作。

ジャンル ドラマ
脚本 田中澄江
出演者 南田洋子
仲谷昇
ナレーター 白坂道子
時代設定 昭和18年 - 40年
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1970年4月6日 - 1971年4月3日
放送時間 月曜 - 土曜・8:15 - 8:30
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
テンプレートを表示

概要編集

戦中・戦後にかけて大学講師の妻が、病弱な夫と、その両親に仕え、4人の子供を育てながら生きる姿を描く。

放送された映像はNHKアーカイブスに残っていないが、当時の広報番組で放送した撮影現場の映像のみが現存しており[1]、この映像の中にはほんのわずかであるが南田洋子と仲谷昇がやりとりする本編の一部分も含まれている[2]

1970年 - 1971年の平均視聴率は37.9%、最高視聴率は48.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[3]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集