メインメニューを開く

蛭川 久康(ひるかわ ひさやす、1931年9月30日[1]- )は、英文学者、武蔵大学名誉教授。

東京府豊多摩郡戸塚町(現・東京都新宿区高田馬場)生まれ。1954年東京大学教養学部イギリス分科卒業。中学、高校教諭をへて、1965年玉川大学教養部専任講師、66年助教授、69年武蔵大学助教授、73年教授、97年定年となり特任教授。現代英国小説、特にアイリス・マードックの研究で知られる。ほかに英国文化史が専門。

著書編集

共編著編集

翻訳編集

  • フレデリック・アンタル『ホーガス ヨーロッパ美術に占める位置』中森義宗共訳 英潮社 1975
  • ジェイン・オースティン英潮社出版(講座・イギリス文学作品論)1977
  • デイヴィッド・プレスランド『世界のおもちゃ大図鑑』角川書店 1980
  • クレア・ローム『森と私とフクロウたち』大修館書店 1981
  • ニコラウス・ペヴスナー『英国美術の英国性 絵画と建築にみる文化の特質』友部直共訳 岩崎美術社 1981
  • アイリス・マードック『海よ、海』集英社 1982
  • アイリス・マードック『本をめぐる輪舞の果てに』みすず書房 1992
  • ジャン・マーシュ『ラファエル前派の女たち』平凡社 1997
  • ミランダ・シーモア『オットリン・モレル破天荒な生涯 ある英国貴婦人の肖像』彩流社 2012
  • ニコラウス・ペヴスナー『英国美術の英国らしさ 芸術地理学の試み』研究社 2014

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』

外部リンク編集