メインメニューを開く

蜂須賀城(はちすかじょう)は、尾張国海東郡蜂須賀村(現在の愛知県あま市蜂須賀)にあった日本の城

logo
蜂須賀城
愛知県
蜂須賀城跡に立つ「蜂須賀正勝公碑」
蜂須賀城跡に立つ「蜂須賀正勝公碑」
城郭構造 平山城[1]
築城主 蜂須賀氏[1]
築城年 不明[1]
主な城主 蜂須賀正利
蜂須賀正勝
[要出典]
廃城年 不明[1]

歴史編集

尾張国の土豪である蜂須賀氏鎌倉時代よりこの地に住んでいたとされるが[要出典]、築城年は不明である[1][2]

戦国時代には、蜂須賀正利の長男である蜂須賀正勝(母は安井御前)がこの城で生まれ、幼少期を暮らした。しかし、織田信秀との対立により、土地を奪われてしまい、その後は同国丹羽郡宮後村(現在の江南市宮後町)の宮後城に移り住む。また、正勝の長男・蜂須賀家政(後の阿波徳島藩祖)の生誕地とする説もあるが、正勝と母・安井御前は宮後城に移り住んでいたため、宮後城で生まれたと考える説が有力である[3][要出典]

蜂須賀城址のすぐそばには、蜂須賀家の菩提寺である蓮華寺がある。

交通編集

電車
駐車場
  • 連華寺参拝者用の無料駐車場が利用できる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 平井聖ほか 1979, p. 313.
  2. ^ 一部では蜂須賀家政が築城と記されることがあるが、これは誤りである。[要出典]
  3. ^ 宮後城址には家政公生誕碑が建てられている。

参考文献編集