蜂須賀 量子(はちすか かずこ、天保3年(1832年) - 明治40年(1907年))は、伊勢津藩第12代藩主・伯爵藤堂高潔正室。結婚後の姓名は藤堂 量子。父は阿波徳島藩第11代藩主・蜂須賀治昭の三男・蜂須賀昭順。養父は伯父で徳島藩第12代藩主・蜂須賀斉昌。養母は関白鷹司政熙の娘・鷹司并子。義兄は蜂須賀斉裕

生涯編集

天保3年(1832年)、阿波徳島藩第11代藩主・蜂須賀治昭の三男・蜂須賀昭順の娘として生まれる。後に伯父である第12代藩主・蜂須賀斉昌の養女となり、伊勢津藩第12代藩主・藤堂高潔の正室に嫁ぐ。

明治13年(1880年)、高潔との間に長女・鉄子(子爵高倉永則室)を出産する。明治15年(1882年)、次女・鋀子(常磐井尭猷室、子爵・牧野忠篤室)を出産する。そして、明治17年(1884年)には長男・高紹を出産する。

明治22年(1889年)、夫・高潔が死去する。明治40年(1907年)、没する。 墓所は東京都豊島区にある染井霊園

参考文献編集

  • 『蜂須賀家記』