メインメニューを開く

衛武営国家芸術文化中心(えいぶえいこっかげいじゅつぶんかちゅうしん、繁体字: 衛武營國家藝術文化中心英語: National Kaohsiung Center for the Arts)、または衛武営国家芸術文化センター台湾高雄市鳳山区衛武営都会公園中国語版北東角にある舞台芸術用大型コンサートホールとその運営主体となる行政法人の名称。15年の歳月と107.5億ニュー台湾ドルを投じた[1][2]、台湾最大規模の文化インフラ事業であり[3]台北市国家両庁院1987年)、台中市台中国家歌劇院2016年)に次いで3つ目の、台湾南部では初の国立ホールとなる。このホールは中華民国文化部衛武営芸術中心準備処が整備を進め、開館直前に同部傘下の行政法人国家表演芸術中心中国語版の運営へ移管された。

中華民国の旗 中華民国の行政官庁
衛武営国家芸術文化中心
National Kaohsiung Center of the Arts
Weiwuying logo.svg
衛武営国家芸術文化中心外観
衛武営国家芸術文化中心外観
役職
芸術総監 簡文彬中国語版
組織
上部組織 行政法人国家表演芸術中心中国語版
概要
設置 2007年9月1日
改称 2018年9月10日
前身 衛武営芸術文化中心準備処
台湾 高雄市鳳山区南京路449之1号
https://www.wac.gov.tw/)
ウェブサイト
http://www.npac-weiwuying.org/
下記#組織機構を参照。
テンプレートを表示
衛武営国家芸術文化中心
各種表記
繁体字 衛武營國家藝術文化中心
簡体字 卫武营国家艺术文化中心
拼音 Wèiwǔyíng Guójiā Yìshù Wénhuà Zhōngxīn
通用拼音 Wèiwǔyíng Guójiā Yìshù Wunhuà jhōngsīn
注音符号 ㄨㄟˋ ㄨˇ ㄧㄥˊ ㄍㄨㄛˊ ㄐㄧㄚㄧˋ ㄕㄨˋㄨㄣˊ ㄏㄨㄚˋㄓㄨㄥ ㄒㄧㄣ
ラテン字 Wei wu ying Kuo chia I shu Wen hua Chung hsin
発音: ウェイウーイン グゥオジャー イーシュ ウェンファ ヂョンシン
台湾語白話字 Ōe-bú-iâⁿ Kok-ka Gē-su̍t Bûn-hoà Tiong-sim
日本語漢音読み えいぶえい こっか げいじゅつ ぶんか ちゅうしん
日本語慣用読み えいぶえい こっか げいじゅつ ぶんか センター
英文 National Kaohsiung Center for the Arts
テンプレートを表示

概要編集

 
フランシーン・フーベン

衛武営中国語版は元々は1950年代中華民国陸軍が台湾南部高雄県鳳山市内(現・高雄市鳳山区)で使用していた軍営地であり、日本統治時代は軍用倉庫だった[4]1979年以降は軍事用途での使用を終えて運営組織も移転していた[5]

2002年に高雄県政府により公園用地としての転用が計画され[6]、翌年に正式決定される。都市公園、アートセンターと商業施設を三位一体で再開発するプロジェクトで、アートセンターは陳水扁政権下で行政院の公共事業政策「新十大建設」の一つに組み込まれた[7]。総面積66.6ヘクタールのうちアートセンターと商業施設で各10ヘクタール、残りが衛武営都会公園となる。

設計はオランダデルフトを拠点とする建築事務所メカノー英語版(Mecanoo architecten)に所属するオランダ人建築家のフランシーン・フーベン英語版(Francine Houben)が手がけ[8]、デザインは外観(断面)、内部ともガジュマルをモチーフにしている[9]

施工は台湾の建国工程公司、中興電工公司、世益機電公司が担当した[10]

沿革編集

  • 5月4日 - 行政院、2016年4月プレ開業への延期承認。(ただし完工に至らず)
   
建設中の文化中心(2012年) 建設現場を視察する
行政院長張善政(2016年3月)
   
衛武営都会公園の案内図 開幕式典

受賞編集

  •   中国の建築デザイン業界が主催する「Idea-Tops Award」のデジタル建築部門で2017年のベスト・アワードを受賞[22][23]
  •   巨思文化股份有限公司の雑誌「Shopping Design」主催のTaiwan Design Best 100で2018年度建築及空間規劃奨[24]
  •   米国のウェブマガジン「アーキタイザー」主催の『Architizer A+ Awards 2019』劇場部門でJury Award(審査員賞)およびPopular Choice Award(人気チョイス賞)を獲得[25][26][27]

建築仕様編集

衛武営国家芸術文化中心
National Kaohsiung Center for the Arts, Weiwuying
 
情報
正式名称 衛武營國家藝術文化中心
完成 2017年10月31日
開館 2018年10月13日
開館公演 (音楽会)揭幕-璀璨閃耀[28]
客席数 [1]5,984席
歌劇院:2,260席
戯劇院:1,254席
音楽庁:2,000席
表演庁:470席
(+野外劇場:約1,000人)
延床面積[29]46,102坪)
152,400m²
用途 劇場
設計   フランシーン・フーベン英語版
運営 行政法人 衛武営国家芸術文化中心
所在地  高雄市鳳山区三多一路1号
位置 北緯22度37分24秒 東経120度20分34秒 / 北緯22.62333度 東経120.34278度 / 22.62333; 120.34278座標: 北緯22度37分24秒 東経120度20分34秒 / 北緯22.62333度 東経120.34278度 / 22.62333; 120.34278
アクセス 高雄捷運衛武営駅

2,260席のオペラハウス、2,000席のコンサートホール、1,254席の劇場、470席の舞台芸術場の4つの室内ホールと南側の衛武営都会公園中国語版の中央草坪と呼ばれる芝生エリアと繋がっている3万人収容可能な野外ホールで構成されている。建設には100万工数を要し、杭基礎は長さ30-40メートルで台北101の倍以上となる789本、コンクリート使用量は13万立方メートル、土砂の開削量はオリンピックサイズ・プール230個分、そのうち地下室は52万立方メートルとなる。鉄骨はパリエッフェル塔の3本分に相当する21,000トンが使用され、独特の設計により鉄骨の組立難度は中国・北京鳥の巣を超えるとされている[30][29]。 歌劇院と戯劇院の舞台設備はオーストリアの舞台設備業ワーグナー・ビロ英語版(Waagner Biro AG)が担当した[31]

   
建造中の屋根(2012年)
   
建設中の文化中心(2016年) メカノーのデザイン図面

北側は三多一路、東側は国泰路二段、西側と南側は衛武営都会公園に面している。

屋根編集

総表面積31,000平方メートルで、衛武営専用に設計され10キロパスパルの耐風圧性能で4.4キロパスカル、17級(日本で『猛烈な台風』とされる風速54メートル[32])の大型台風の2.5倍の安全係数を確保している。屋根は4,600枚のパーツで構成され、個別にシリアルナンバーが割り振られている。防音性能は空気音で40デシベル、降雨時の雨滴衝撃は37デシベルに抑制。一体成型された3D屋根板は工場で製造後に台湾へ空輸され現地で換装された。

断面はガジュマルの森林をモチーフに、内部も木々に内包された空間をイメージしている。屋根は不規則な曲面で大海原[33][34]、あるいはシロエイ[35]をイメージしている。

榕樹廣場編集

各ホールを連結する廊下の役割も果たし、総面積23,000平方メートルに達するガジュマル広場(榕樹廣場)は世界最大級の一枚構造空間で不規則な曲面を描いている。地場産業でもあった造船技術を活用し、大型船の航海を表現している。ユニットごとに1.2-2.4トンにもなる21区画、1,117本のパーツが搬入された。照明などの備品を吊り下げるハンガーは屋根板と直結され、地震エネルギー、熱変形、強風を吸収する設計[29]。天板はあえて溶接箇所を残すことで、造船、甲板をイメージさせている[35]

音響設計編集

遮音ドアの防火性能は台湾で唯一国内の安全基準であるCNS規格を通過している。戯劇院の遮音ドアは高さ11メートル、幅4メートルで劇場向けとしては世界最大級[29]

歌劇院編集

建屋中央に位置する。2,260席の一般席のほか、オーケストラピット(楽池席)と呼ばれる舞台にもなる可動式座席が1階に110席、バリアフリー席が28席(障害者と同伴人用が14席ずつ)の計2,236席(1階698席、2階542席、3階534席、4階462席)[36]。オペラなどに適した暗紅色系の装飾となっている[29]

戯劇院編集

建屋西側に位置する。一般席952席、オーケストラピット(楽池席)164席、文武場席[註 1]48席、バリアフリー席26席などの計1,210席(1階382席、2階557席、3階271席)[37](※施工事業者の表記では1254席[29])。

音楽庁編集

建屋南東角に位置する。一般席1,763席(1階272席、2階915席、バリアフリー28席)、合唱席(6席)が舞台を取り囲むように配されている[38]。 コンサートホールには台湾のみならずアジア最大となるパイプ数9,085本のシンフォニック・オルガンパイプオルガン)が設置されていて、パイプの造形も竹林をイメージさせたものに仕上がっている[39]。パイプオルガンの製作はドイツヨハネス・クライス・オルガン工房ドイツ語版(Johannes Klais Orgelbau GmbH & Co. KG)が担当している[40][41][9]。天井の可動式反響板は高さ17.8、14、9メートルの3段階で調整が可能で、クラシックコンサート以外の様々な演目にも対応可能[35]

表演庁編集

建屋北東角に位置する。一般席405席、ボックス席(包廂席、2階左手)15席、バリアフリー席12席の計434席(1階221席、2階213席)[42](※施工事業者の表記では470席[29])。

野外劇場編集

正式名称は「露天階梯舞台」。曲面屋根から連続した勾配をそのまま利用し、野外ホールの客席に仕上げている。1,000人規模の集客に対応[35]

     
榕樹廣場 モチーフとなったガジュマルの木々 樹冠ホールのサービスセンター
     
音楽庁の竹林風パイプオルガン 野外劇場 駐車場と入口

組織機構編集

 
簡文彬

組織沿革編集

  • 2006年3月15日 - 行政院文化建設委員会が「衛武営芸術文化中心準備処(タスクチーム)設立[12]
  • 2007年9月1日 - 「衛武営芸術文化中心準備処暫行組織規程」(8月30日公布)に基づき、文建会傘下に正式な部署「衛武営芸術文化中心準備処繁体字: 衛武營藝術文化中心籌備處)」発足。
  • 2012年5月 - 文建会が「文化部」に昇格、準備処は文化部の四級機構となる。
  • 2014年
  • 1月1日 - 国家表演芸術中心傘下に衛武営運営推進小組(作業部会)が発足、簡文彬が議長に就任。
  • 2018年
  • 9月10日 - 衛武営国家芸術文化中心の所有が準備処から国家表演芸術中心に移転、これに先立ち準備処は8月31日に看板撤去式典を開催している[44]

交通編集

脚注編集

註釈編集

  1. ^ 京劇における演目中の戯曲演奏で楽団が使用する

出典編集

  1. ^ a b (繁体字中国語)衛武營國家藝術文化中心興建計畫推動情形2018-06-28,行政院
  2. ^ 衛武営国家芸術文化センターが10月グランドオープン、アジアの文化的拠点へ2018-09-06,Taiwan Today
  3. ^ (繁体字中国語)衛武營藝文中心 共創南台灣雙贏2016-09-11,中時電子報
  4. ^ 旧軍用地に芸術施設誕生 蔡総統「空間の民主化」/台湾・高雄2018-10-13,フォーカス台湾
  5. ^ (繁体字中国語)衛武營都會公園 - 營區基地
  6. ^ (繁体字中国語)高雄縣政府 (2009年10月). “變更鳳山市主要計畫(部分公園用地為社教機構用地)(配合衛武營藝術文化中心興建計畫)”. 高雄市政府都市發展局. 2018年9月2日閲覧。
  7. ^ 港都向前行之二 気をつけ、敬礼 軍営から芸術文化センターに―衛武営 2012年10月,高雄市政府経済発展局
  8. ^ (繁体字中国語)《當紅流派》行銷地景,荷建築首來台2007-03-24,樂多日誌
  9. ^ a b c 衛武営国家芸術文化センターにアジア最大級のパイプオルガン2018-03-16,Taiwan Today
  10. ^ (繁体字中国語)衛武營藝文中心工程延宕 馬英九:值得檢討2016-04-17,風傳媒
  11. ^ (英語)National Kaohsiung Performing Arts Center International Competition Council for Cultural Affairs2008-09,competitions.org
  12. ^ a b c (繁体字中国語)衛武營藝術文化中心籌備處 > 關於衛武營 > 衛武營大事紀
  13. ^ (繁体字中国語)經建會:衛武營藝術文化中心估2012年完工2007-02-05,大紀元
  14. ^ (繁体字中国語)臺中大都會歌劇院躍升為國家表演藝術中心2013-05-22,臺中市政府新聞局
  15. ^ (繁体字中国語)“衛武營國家藝術文化中心 明年起點亮園區 - 生活 - 自由時報電子報”. http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1924665 2016年12月22日閲覧。 
  16. ^ (繁体字中国語)“〈南部〉衛武營景觀區 元旦起全面開放 - 地方 - 自由時報電子報”. http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/1064340 2016年12月22日閲覧。 
  17. ^ (繁体字中国語)衛武營捷運站6號出入口今啟用 直通園區2017-11-11,自由時報
  18. ^ (繁体字中国語)亞洲最大劇院3D光雕秀 衛武營震撼登場2017-11-21,聯合報
  19. ^ (繁体字中国語)高雄市立國樂團首登衛武營 兩千人搶先體驗音樂饗宴2018-09-08,自由時報
  20. ^ 衛武営国家芸術文化センター、ついにグランドオープン2018-10-15,台北駐日経済文化代表処
  21. ^ (繁体字中国語)“遠看像太空船、近看像魟魚!高雄豪華歌劇院明10月啟用”. http://travel.ettoday.net/article/948115.htm 2017年6月20日閲覧。 
  22. ^ (英語)National Kaohsiung Center for the Arts2017-07,a963.com
  23. ^ (英語)The 8th Idea-Tops Competition Announces Winners For 20172018-01-15,World Architecture Community
  24. ^ (繁体字中国語)衛武營建築榮獲Taiwan Design Best 100年度建築及空間規劃獎”. 自由時報 (2018年12月20日). 2019年7月14日閲覧。
  25. ^ (英語)Winners”. Architizer A+ Awards. 2019年7月14日閲覧。
  26. ^ (英語)7th Annual Architizer A+Awards Honorees”. Architizer A+ Awards. 2019年7月14日閲覧。
  27. ^ (繁体字中国語)高雄得三獎:衛武營國家藝術文化中心榮獲A+Awards建築獎”. 典蔵 ARTouch (2019年7月12日). 2019年7月14日閲覧。
  28. ^ (繁体字中国語)衛武營10/13開幕 音樂會+戶外藝術派對雙開幕迎賓2018-06-04,自由時報
  29. ^ a b c d e f g (繁体字中国語)集團事業>工程事業>卓越實績>公共工程>衛武營藝術文化中心新建工程-2016 建國工程股份有限公司
  30. ^ (英語)CK Group > Construction > Business Achievements > Wei wu ying center for the arts, new construction-2016建國工程股份有限公司
  31. ^ (英語)National Kaohsiung Performing Arts Center - Reference - Stage Systems - Divisions Waagner-Biro AG
  32. ^ (繁体字中国語)颱風分級標準2013-09-25,台灣颱風資訊中心
  33. ^ (繁体字中国語)衛武營公共藝術設置 蔚龍藝術有限公司
  34. ^ (繁体字中国語)李孟崇 (2014年4月20日). “臺灣衛武營藝術文化中心 BIM工程規劃運用及深化”. 臺灣建築學會. 2018年9月23日閲覧。 臺灣建築學會會刊雜誌第74期
  35. ^ a b c d (繁体字中国語)衛武營藝文中心 下月迎客2018-09-11,人間福報
  36. ^ (繁体字中国語)歌劇院 衛武営国家芸術文化中心公式
  37. ^ (繁体字中国語)戯劇院 衛武営国家芸術文化中心公式
  38. ^ (繁体字中国語)音樂廳 衛武営国家芸術文化中心公式
  39. ^ (英語)Kaohsiung/TWN, National Kaohsiung Center for the Arts Asia's largest Cultural Center houses largest Klais organ to date Orgelbau Klais Bonn
  40. ^ (繁体字中国語)衛武營買管風琴 文化部砸1.2億/立委轟錢太多2012-10-19,自由時報
  41. ^ (英語)Wei-Wu-Ying Center for the Arts in southern Taiwan shows off grandest pipe organ in Asia2018-03-14,Taiwan News 台灣英字新聞
  42. ^ (繁体字中国語)表演廳 衛武営国家芸術文化中心公式
  43. ^ 「国家舞台芸術センター」が7日に発足2014-04-08,Taiwan Today
  44. ^ (繁体字中国語)非池中藝術網 (2018年8月31日). “衛武營藝文中心籌備處今卸牌 國表藝接手營運十月開幕”. http://artemperor.tw/focus/2247 

関連項目編集

外部リンク編集

中華民国文化部