メインメニューを開く

衣笠城合戦(きぬがさじょうかっせん)は、治承4年8月26日1180年9月17日)、相模国衣笠城(現神奈川県横須賀市衣笠町)で起こった秩父氏平家方)と三浦氏源氏方)による戦い。平安時代末期の内乱である治承・寿永の乱の合戦の一つ。

衣笠城合戦
戦争治承・寿永の乱
年月日治承4年8月26日1180年9月17日
場所相模国衣笠城(現横須賀市衣笠町)
結果平氏方の勝利、衣笠城落城
交戦勢力
Ageha-cho.svg平氏 Sasa Rindo.svg源氏
指導者・指揮官
畠山重忠
河越重頼
江戸重長
三浦義澄
戦力
不明(河越・江戸氏軍数千騎) 不明
損害
不明 衣笠城落城
三浦義明討死
治承・寿永の乱

目次

経過編集

治承4年(1180年)8月17日の源頼朝の挙兵に対し、源氏方に付いた三浦氏は22日に三浦を出発したが、大雨のため頼朝軍と合流出来ず、23日の石橋山の戦いの頼朝軍敗北により三浦に引き返した。平家方の武将である武蔵国畠山重忠は頼朝挙兵の報を受けて家子郎党を率いて出陣し、23日夜に金江河(現平塚市花水川)に陣をとっていた。24日、三浦一族は鎌倉の由比ガ浜で平家方の畠山重忠の軍勢と遭遇。和田義盛が名乗りをあげて、双方対峙した。同じ東国武士の見知った仲で縁戚も多く、和平が成りかかったが、遅れて来て事情を知らない義盛の弟の和田義茂が畠山勢に討ちかかってしまい、これに怒った畠山勢が応戦。義茂を死なすなと三浦勢も攻めかかって合戦となった。双方に少なからぬ討ち死にしたものが出た。停戦がなり、双方が兵を退いた(小壺坂合戦、小坪合戦)。

『源平盛衰記』によると、三浦は小坪の峠に300騎、畠山は稲瀬川(由比ガ浜西部)の辺りに500騎で対陣したという。重忠は郎従50名余りの首を取られて退却、三浦氏は死者を出しながらも本拠地の三浦にたどり着いた。

26日、重忠は同じ秩父氏の総領家である河越重頼に加勢を呼びかけ、重頼は同族の江戸重長と共に数千騎の武士団を率いて重忠軍に合流し、三浦氏の本拠地である衣笠城を攻撃する。『吾妻鏡』によると、三浦方は東木戸口を三浦義澄・佐原義連、西木戸口を和田義盛・金田頼次、中の陣を長江義景大多和義久が守ったのに対し、攻める畠山方には河越重頼・中山重実・江戸重長・金子氏他の村山党が参陣した。

先の合戦で消耗していた三浦氏は夜になって衣笠城を放棄して脱出し、頼朝軍と合流するべく安房国へ向かい、27日、衣笠城は秩父軍によって攻め落とされた。落城の際、89歳の老齢であった三浦一門の当主三浦義明が城に残り、外孫である重忠らによって討たれた。『吾妻鏡』によると義明は「我は源氏累代の家人として、老齢にしてその貴種再興にめぐりあうことができた。今は老いた命を武衛(頼朝)に捧げ、子孫の手柄としたい」とし、壮絶な最期を遂げたとするが、『延慶本平家物語』では三浦氏の軍勢が城を脱出する際に、老齢の義明が足手まといとなって置き去りにしたとされている。

安房国で三浦一族と合流した頼朝軍は、房総半島の二大勢力千葉常胤上総広常を傘下に加え、大軍となって再挙し、10月2日に武蔵国へ入ると、4日に畠山重忠・河越重頼・江戸重長ら秩父一族は長井の渡で頼朝に帰伏した。『吾妻鏡』によると、頼朝は「重長らは源家に弓を引いた者であるが、このように勢力の有る者を取り立てなければ目的は成し遂げられないであろう。憤懣を残してはならない」と三浦一族に言い聞かせ、三浦氏は異心を抱かないとして、重忠らとお互いに目を合わせ、納得して席に並んだという。

経緯編集

源平盛衰記』によると、当初畠山氏が頼朝と敵対したのは、当主の畠山重能大番役として在京していたためであり、重忠は三浦を攻撃するつもりはなかったが、由比ヶ浜では双方の行き違いによって突発的に合戦となったとされる。しかし武蔵国の河越重頼や江戸重長が重忠の加勢にすぐに応じられたのは、平家方の大庭景親の動員に応じて相模に来ていたためであり、衣笠城落城後にすぐに大庭軍が数千騎を率いて攻め寄せてきている事から、三浦攻めは重忠の平家への義理や外聞のための通り一遍のものではなかったと考えられる[1]

また、近年になって肥後国小代氏に伝わる「小代系図」(『肥後古記集覧』所収)の蓬莱経重の項目にある「母江戸四郎平重継女也 経重者畠山庄司次郎重忠一腹舎兄也」という記事が注目されている。経重は系図上は児玉党の秩父行俊の子とされるが、同党の通字である「行」の字を名乗っておらず他氏からの養子とみられている。清水亮は畠山重能の正室は三浦義明の娘であったが、子供に恵まれず江戸重継の娘を側室として重忠ら兄弟を生み、後に嫡男である重忠は正室(義明の娘)の養子とされ、経重は児玉党系秩父氏へ養子に出されたと解する。これを裏付けるものとして『源平盛衰記』「衣笠合戦」(巻22)で三浦義明が重忠を「継子孫」と呼ぶ部分が存在することを指摘する。この説が正しければ、形の上では三浦義明と畠山重忠は外祖父と外孫になるものの実際には血縁関係は存在しておらず、重忠が敵方であった三浦氏を攻撃することを制約する要素はなかったとみられている。また、江戸重長は実の甥である重忠支援のために援軍を派遣したとも解される[2]

史跡編集

合戦の舞台にほど近いJR衣笠駅バスターミナル前に、この戦で没した者達を慰霊する碑が昭和30年代に地域の有志により作られ、現在も参拝者が絶えない。また他にもこの戦の慰霊碑など当時を物語る遺跡は現在もいくつか残っている。

衣笠城址にほど近い横須賀市大矢部では、義明が落ち延びる際に今まで決して止まることがなかった愛馬が、ある一本の松の木の下で止まり、動かなくなったことにより、義明はそれを天の意思と受け止め、その場で切腹して果てたという。その後、その松は腹切り松と呼ばれ、現在は場所を移し、児童公園「腹切り松公園」の一角に保存されている。

脚注編集

  1. ^ 貫達人『畠山重忠』吉川弘文館
  2. ^ 清水亮「在家領主としての東国豪族的武士団」(初出:『地方史研究』第348号(地方史研究協議会、2010年)/所収:清水 編『シリーズ・中世関東武士の研究 第七巻 畠山重忠』(戎光祥出版、2012年) ISBN 978-4-86403-066-3

関連項目編集