メインメニューを開く

裸の町』(はだかのまち)は、五木寛之作の推理・ミステリー小説。及び、1968年10月5日から1969年4月5日まで、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列にて放映されたテレビドラマ

目次

概要・ストーリー編集

本作は、スペイン内戦1936年 - 1939年)に端を発するストーリーとして描かれており、この時にスペイン銀行の地下金庫から消えた5億1000万グラムの塊の行方をめぐり、暗黒街の組織から、ナチス戦犯、スペイン内戦の生き残りの者に至るまでが絡み、争奪戦に発展していく。物語は、元新聞記者のルポライター・津上卓也がある日、トニー・ペレスという外国人男性から週刊誌の片隅にある写真の男(フランツ・ゲーレン)を、1万5000ドルの金と引き換えに捜してくれるように依頼されるところから始まる。そして、その津上の前にも様々な事件が次々と起こっていくことになる。

テレビドラマ編集

裸の町
ジャンル テレビドラマ
脚本 佐治乾柴英三郎阿部桂一押川國秋岡本克己
演出 今村農夫也永野靖忠
出演者 宍戸錠
オープニング 作曲:池田正義
プロデューサー 塙淳一斉藤頼照
制作 NET(現・テレビ朝日)東映
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1968年10月5日〜1969年4月5日
放送時間 土曜日22:30〜23:26
→土曜日16:45〜17:40
放送分 56分
回数 25

特記事項:
モノクロームで放送。

放映データ編集

  • 放映期間:1968年10月5日〜1969年4月5日
  • 放映曜日・放映時間帯
    • 毎週土曜日22時30分〜23時26分(1968年10月5日〜1968年12月28日)
    • 毎週土曜日16時45分〜17時40分(1969年1月4日〜1969年4月5日)
  • 放映話数:全25話
  • 放映形式:モノクロ16mmフィルム

スタッフ編集

挿入歌編集

  • 『裸の町のブルース』 唄:沢たまき (作詞:五木寛之、作曲:嵐野英彦、編曲:生明慶二
  • 『青い哀しみのタンゴ』 唄:沢たまき (作詞:五木寛之、作曲:生明慶二)

キャスト編集

放映リスト編集

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1968年10月5日 弔いのメロディー 佐治乾 今村農夫也 キャシー・ホーラン
2 10月12日 白い女 キャシー・ホーラン、加茂良子佐々木孝丸
3 10月19日 裏切りに明日はない 柴英三郎 山田彰川辺久造北あけみ岩城力也
4 10月26日 陸軍鮎沢機関 永野靖忠 深江章喜月丘夢路増田順司
5 11月2日 大使館爆破事件 佐治乾 織本順吉、イグバル・ザイール、A・ガズーダー
6 11月9日 夜の顔役たち 今村農夫也 穂高稔万里昌代
7 11月16日 狼が渇いたとき 阿部桂一 永野靖忠 江見俊太郎
8 11月23日 東から来た男 押川國秋 水島道太郎、クラーレンス・ハワード、中庸介館敬介
9 11月30日 卍の烙印 佐治乾 今村農夫也 真理明美、フランツ・グルバー、ガズーダル
10 12月7日 白い荒野 柴英三郎 宇佐美淳也
11 12月14日 祖国を遠く離れて 阿部桂一 永野靖忠
12 12月21日 狼、路傍に死す 岡本克己 山田禅二久保田清司
13 12月28日 二十三年の沈黙 押川國秋 今村農夫也 内田稔細田嘉明今井和子
14 1969年1月4日 波止場の人 阿部桂一
15 1月11日 争奪は果てることなく 岸旗江
16 1月18日 長い夜の終り
17 1月25日 誰のための血か
18 2月1日 無頼の眠り
19 2月8日 さすらいの女
20 2月15日 第三の男 高松英郎
21 2月22日 復讐のブルース
22 3月1日 対決
23 3月8日 遥かなる鎮魂歌
24 3月22日 最後の犠牲者
25 4月5日 黄金の終章

脚注編集


NET(現・テレビ朝日) 土曜22:30〜23:26 枠(1968年10月5日〜1968年12月28日)
前番組 番組名 次番組
土曜西部劇
(22:00〜23:26)
裸の町
NET(現・テレビ朝日)系 土曜16:45〜17:40 枠(1969年1月4日〜1969年4月5日)
とぼけた奴ら(再放送)
裸の町