西園寺公衡

日本の鎌倉時代の公家

西園寺 公衡(さいおんじ きんひら)は、鎌倉時代後期の公卿従一位左大臣竹林院左大臣、または竹中と号する。父は太政大臣西園寺実兼。母は内大臣中院通成の娘顕子

 
西園寺公衡
時代 鎌倉時代後期
生誕 文永元年(1264年
死没 正和4年9月25日1315年10月23日
改名 公衡 → 静勝(法名)
別名 竹林院左大臣、又は竹中
官位 従一位左大臣
主君 後深草天皇亀山天皇後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇
氏族 藤原北家閑院流西園寺家
父母 父:西園寺実兼、母:中院通成の娘の中院顕子
兄弟 公衡公顕兼季永福門院伏見天皇中宮)、昭訓門院亀山天皇後宮)、後京極院後醍醐天皇中宮)
中御門経子(遊義門院宣旨) - 中御門経任の娘、藤原兼子 - 左馬助藤原光保の娘
実衡大宮季衡広義門院後伏見天皇女御光厳天皇光明天皇母)
テンプレートを表示

目次

人物像編集

1283年弘安6年)に参議権大納言内大臣等を経て、1309年延慶2年)に左大臣を務める。1299年正安元年)のとき右大臣に就き、更に父実兼の関東申次を継ぎ、大覚寺統持明院統問題に際して権力を振りかざす。だが、後宇多上皇に内緒で常盤井宮恒明親王擁立に動いたことで勘事を被り、大覚寺統から忌避されるようになると権力は衰えた。

嘉元4年(1306年)、一族繁栄と自身の長寿を祈願して「不空羂索神咒心経」を書写(現在は東京国立博物館蔵、重要文化財e国宝に画像と解説あり)し、その12日後恩赦されている。更に延慶2年(1309年)頃、これまでの一族繁栄への感謝とこれからの更なる繁栄を願って、『春日権現験記絵』(詞書鷹司基忠父子ら4人、絵高階隆兼)を制作させた。その後、1311年応長元年)出家。1315年(正和4年)薨去。

経歴編集

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

文永2年(1265年)1月5日、中宮御給により叙爵。文永4年(1267年)2月27日、従五位上に昇叙。文永5年(1268年)12月16日、侍従に任ぜられる。文永6年(1269年)1月5日、大宮院の御給により正五位下に昇叙。同年4月10日、左中将に任ぜられ、25日には禁色を許される。文永7年(1270年))1月21日、讃岐介を兼ねる。同年9月4日、従四位下に昇叙。文永8年(1271年)5月7日、六条殿に行幸の奉仕により従四位上に昇叙。文永9年(1272年)1月5日、東二条院の御給により正四位下に昇叙。
建治2年(1276年)1月5日、従三位に叙せられる。同日、中将は元の如し。また同月23日には伊予権守を兼ねる。建治3年(1277年)1月29日、正三位に昇叙。弘安6年(1283年)3月28日、権中納言に任ぜられる。同年9月8日には従二位に昇叙。弘安7年(1284年)正二位に昇叙か。弘安8年(1285年)、左衛門督を兼ねるか。同年8月19日、皇后宮権大夫を兼ねる。弘安10年(1287年)1月13日、検非違使別当に補される。同年11月16日、左衛門督と検非違使別当を辞す。正応元年(1288年)8月20日、中宮大夫に遷る。同年10月27日には中納言に転正し、11月8日には権大納言に昇進。正応4年(1291年)1月、元日内弁を勤める。
正応5年(1292年)5月15日、右近衛大将に任ぜられ、6月25日には右馬寮御監となるが、閏6月16日に右大将を止められ権大納言と中宮大夫も辞した。永仁5年(1297年)8月25日、権大納言に還任し右近衛大将を兼ねる。同年10月16日、大納言に転正し、同月29日には右馬寮御監となる。
永仁6年(1298年)6月12日、任大臣の仰せがあり、23日に内大臣に任ぜられる。右大将はそのまま兼任であったが、9月21日に右大将を辞した。正安元年(1299年)4月26日、右大臣に転任。同年12月20日に上表して右大臣を辞した。
正安3年(1301年)1月6日、従一位に叙せられる。嘉元3年(1305年)9月27日、亀山院崩御により素服を賜る。12月6日には除服の宣下があったが、12月22日に左馬寮領である伊豆と伊予が召し上げられる。延慶2年(1309年)3月19日、左大臣に任ぜられる。同年6月15日、上表して左大臣を辞した。応長元年(1311年)8月20日、出家法名を静勝とする(戒師は栂尾の良明上人。)。正和4年(1315年)9月25日、薨去。

『徒然草』第83段の逸話編集

徒然草』第83段に公衡は登場する。太政大臣になれるのに敢えて左大臣止まりを選んだという公衡に感心して、洞院実泰が太政大臣への昇進を望まなかった、というのである。何事も上り詰めるのは良くない、と2人の左大臣を例に兼好は述べている。
しかし、この2人の左大臣が太政大臣への昇進を自ら望まなかったというのは彼らの本心であったであろうか。本郷和人の言うように、西園寺家がどちらかというと持明院統派であり、公衡はしばしば大覚寺統と衝突したために太政大臣に昇進できなかったとすれば少々事情は異なってくるのである。

系譜編集

参考文献編集