メインメニューを開く

西塚 十勝(にしづか とかち、1912年7月10日 - 2006年12月23日)は、北海道出身の日本中央競馬会 (JRA) 調教師。元騎手大正から平成まで競馬と関わり続け、「中央競馬に西塚あり」とまで言われた競馬界の重鎮であった。

西塚は様々な災難を逃れてきた驚異的な強運の持ち主であったことでも知られている。

長男は同じく元調教師の西塚安夫(養子のため血の繋がりはない)、孫はかつて安夫厩舎に所属し、安夫の死後は移籍して現在は尾関知人厩舎の調教助手を務める西塚信人である。

経歴編集

その他の活動編集

自身が両親を亡くして苦労をしてきた経験から、身寄りのなくなった知り合いの子供や養護施設の子供を引き取るなど、慈善活動にも力を入れていた。なお、西塚は結婚はしたが血の繋がった子供はいなかった。

強運のエピソード編集

西塚は調教師としてもコマミノルオークス)やミスカブラヤエリザベス女王杯)などで大競走制覇の実績を残しているが、日本の事件・事故史に残る様々な災難をあわやのところで逃れてきたことから、「厄除大師」「ミスター強運」などの異名を持つほどであった。テレビ番組『ザ!世界仰天ニュース』でも取り上げられたことがある。

関東大震災
1923年9月1日、西塚は横浜の奉公先で関東大震災に遭遇し、いつものように向かいの瀬戸物屋の商品がカチャカチャとぶつかり合う光景(西塚本人は「カタカタショー」と呼んでいた)を眺めようと道路に飛び出した途端にパン屋の1階部分が完全に倒壊し、西塚はすんでのところで難を逃れた。なお、横浜は直後に猛火で焼け野原となっており、脱出できなければ焼死必至の状況だった。
洞爺丸事故
1954年9月26日、西塚は移動のため、函館から青函連絡船4便に乗船予定で切符も持っていたが、知人に誘われて湯の川温泉での宴会に出席、宴会は深夜まで続きその4便洞爺丸に乗り遅れた。洞爺丸は出港したものの台風15号の強風によって七重浜沖で転覆し死者・行方不明者あわせて1139人という事故になったが、西塚は遭難を免れた。
ばんだい号墜落事故
1971年7月3日、西塚の同僚で友人だった柏谷富衛調教師(主な管理馬に天皇賞リキエイカン)と共に東亜国内航空63便(函館行)に搭乗予定であった西塚は、車で待ち合わせ場所の丘珠空港へ向かったものの、直前に知人と立ち寄った料理屋で女将が料理を失敗(白米を炊き忘れる)するというトラブルに巻き込まれて出発が遅れてしまい、宿泊の宿のことを考えていた。それでも10分遅れで丘珠空港に到着すると、偶然にも飛行機はまだ離陸していなかった。西塚は最初は搭乗しようとしたが(チケットは柏谷が持っていた)、航空会社が既にキャンセル待ちの人を乗せてしまっていたのを見て「一度乗せてあげた人を降ろしたらかわいそうだから」と搭乗を辞退し、札幌で一泊しないかと柏谷を誘うも、カウンターでずっと待ち続けていた柏谷は怒り「俺はお前ほど暇じゃないんだ!」と一人で乗り込んだ。ところがその「ばんだい号」は函館を前にして横津岳に墜落、柏谷を含む乗員・乗客全員が死亡する事故となった。西塚は難を逃れたが「柏谷をもっと強引に引き止めておけばよかった」と晩年まで後悔の念を持っていた。
ホテルニュージャパン火災
1982年2月7日夜、西塚は東京の常宿だったホテルニュージャパンの9階にチェックインし、その後友人4・5人と新宿で飲み明かし、飲み終わったあとにふと懇意にしていた女性のバーに寄ることを思い付き、明け方までそこで過ごした。明け方、永田町のホテルに戻ると大火災が発生しており、結果的に死者33人を出す大惨事となっていた。もしもバーに寄らずにまっすぐホテルに戻っていたとすると、寝静まった頃合に火災が発生していた計算になる。出火場所は西塚がチェックインしていたのと同じ9階だった。

なお、関東大震災以外はすべて現地の愛人宅で過ごしていたために難を逃れたというのが真実であるとする、親族や牧場オーナーの証言も死後に伝えられている[1]。もっとも、この様に災難に対しては強運を持つ人物ではあったが、いざ本業の競馬となると、ダービーカブラヤオーについて、生産牧場である十勝育成牧場の共同経営者であったにも関わらず、馬体のみすぼらしさから、「馬房が一杯で空きがありませんので勘弁してください」という理由をつけて、自ら預託引き受けを断ってしまったというエピソードがある[2]

実績編集

  • 成績:5514戦510勝(1954年以降の中央競馬成績)
  • 重賞勝利:11勝

優勝馬編集

主な厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 古賀一隆(1965年-1968年 騎手)
  • 西塚安夫(1972年-1986年 調教助手)
  • 星野信幸(1987年-1988年 騎手)

脚注編集

  1. ^ 週刊新潮2012年2月9日号・「私はこうして死から逃れた!」-ホテルニュージャパン火災から30年
  2. ^ 逃げるバケモノ——その裏に隠された真相

関連項目編集