メインメニューを開く
大手門(現県立西条高等学校正門)

西条陣屋(さいじょうじんや)は、愛媛県西条市明屋敷(伊予国新居郡西条)にあった西条藩の藩庁である。

概要編集

外様大名一柳直盛寛永13年(1636年)、伊勢国神戸藩より、1万8千石の加増をうけ、6万8千石で西条に入り立藩した。直盛は入封中に大坂で病没し、遺領の内3万石を嗣子直重が継ぎ、西条藩陣屋と周囲の陣屋町や商人町はこのとき構築されたものである。[1]遺領の残りは播磨小野藩伊予小松藩に分知された。寛文5年(1665年)、直重の子・直興は失政などを咎められ改易となった。

5年の天領時代を経て、寛文10年(1670年)、紀州藩初代藩主徳川頼宣の三男の松平頼純が3万石で入封した。第2代頼致は紀州藩徳川吉宗が8代将軍となったため、宗家を継ぎ名を徳川宗直に改めた。

以降松平氏が10代続き頼英の時、明治維新を迎えた。松平氏は参勤交代を行わない江戸定府大名であった。

遺構編集

陣屋の跡は愛媛県立西条高等学校の敷地として使用されており、周囲は往時と同様に水堀で囲まれている。

  • 大手門 - 西条高等学校正門としてそのままの位置に現存
  • 北御門 - 西条高校正面横
  • 腰巻土塁 - 大手門両脇
  • 水堀・石垣 - 西条高校敷地周囲に廻っている
  • 御広敷門 - 大通寺山門(西条市神拝甲312)
  • 西条藩政庁玄関 - 妙昌寺庫裡の玄関(西条市東町230)

脚注編集

  1. ^ ㈱第二アートセンター 「日本の城下町 10 四国」 ㈱ぎょうせい 1981年(昭和56年)12月10日(絶版) 131p

関連項目編集