メインメニューを開く

一柳 直重(ひとつやなぎ なおしげ)は、伊予西条藩の第2代藩主。初代藩主・一柳直盛の長男。

 
一柳 直重
時代 江戸時代前期
生誕 慶長3年(1598年
死没 正保2年6月24日1645年8月15日
改名 入道(幼名)[1]
戒名 直指院殿見嫂宗性大禅大門
墓所 東京都港区増上寺
官位 従五位下、丹後
幕府 江戸幕府
伊予西条藩
氏族 一柳氏
父母 父:一柳直盛
兄弟 直重直家直頼直良直澄
正室:菊亭公矩の娘
直興直照[2]
テンプレートを表示

生涯編集

慶長3年(1598年)、山城国伏見において、一柳直盛の長男として生まれる[1]

慶長14年(1609年)、丹後守に叙任[1]。この年、徳川家康・徳川秀忠に拝謁[1]。慶長19年(1614年)からの大坂の陣では父と共に参戦している[1]。以後、徳川秀忠や徳川家光の上洛・日光社参に供奉[1]。寛永10年(1633年)には、九鬼久隆転封後の鳥羽城守衛を父や弟とともに命じられている[1]

寛永13年(1636年)8月19日に父の直盛が死去。同年11月24日に父の遺領のうち3万石を継承、伊予西条藩主となった[1]。このとき、次弟の直家に2万3000石余(川之江藩小野藩)、三弟の直頼に1万石(小松藩)を分与している[1]

藩主として、陣屋町(喜多浜町)の構築や加茂川の治水工事、新田開発などを行なって藩政の確立に尽くした。寛永17年(1640年)の讃岐高松藩生駒高俊改易においては、松平定房加藤泰興と共に高松城在番を務めた[1]

正保2年(1645年)に48歳で死去し[1]、跡を長男の直興が継いだ。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『寛政重修諸家譜』巻第六百三
  2. ^ 半左衛門。兄の直興から5000石を分与される。子孫は旗本として存続した。(『寛政重修諸家譜』巻第六百三)

参考文献編集

外部リンク編集