メインメニューを開く

西田 公昭(にしだ きみあき、1960年7月5日 - )は、日本社会心理学者。立正大学心理学部対人・社会心理学科教授博士(社会学)日本グループ・ダイナミックス学会会長、日本社会心理学会機関紙「社会心理学研究」元編集委員、国際連合安全保障理事会テロ対策委員会実行理事会研究パートナー。

信念の形成や変化のメカニズムをテーマとした研究で、破壊的カルトマインド・コントロールについて実証研究を行う。オウム真理教事件統一協会などの多数の裁判で、鑑定人および法廷証人として数多く召喚される。日本心理学会研究奨励賞を2回、社会心理学会研究優秀賞を2回、日本グループ・ダイナミックス学会研究奨励賞の計5回、学会賞を受賞している[1]

経歴編集

カルトマインドコントロール研究や詐欺悪質商法心理学研究などのほか、介護健康問題に関するコミュニケーションの研究を行っている[1]

主著編集

  • 「マインド・コントロールとは何か」紀伊国屋書店(1995年)
  • 「「信じるこころ」の科学:マインド・コントロールとビリーフ・システムの社会心理学」サイエンス社(1997年)
  • 「まさか自分が…そんな人ほど騙される」日本文芸社2005年
  • 「だましの手口」PHP研究所2009年
  • 「なぜ、人は操られ支配されるのか」さくら舎(2019年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集