メインメニューを開く

西野 友毬(にしの ゆうき、英語: Yuki Nishino, 1993年9月10日[1] - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。世界ジュニア選手権5位。2007年ジュニアグランプリファイナル3位。 武蔵野中学校・高等学校卒。明治大学政治経済学部卒。

西野 友毬
Yuki NISHINO
Figure skating pictogram.svg
Yuuki Nishino.jpg
2007年のJGPファイナルの表彰式にて
基本情報
生年月日 (1993-09-10) 1993年9月10日(26歳)
出生地 大阪府
身長 158 cm
選手情報
元コーチ 岡島功治[1]
樋口豊[1]
佐藤紀子[1]
天野真
元振付師 樋口豊
デヴィッド・ウィルソン
ローリー・ニコル
宮本賢二
佐藤紀子
所属クラブ 明治大学
引退 2016年1月
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 149.42 2007 JGPファイナル
ショート 54.63 2007 JGPファイナル
フリー 97.13 2009 JGP ミンスク・アイス
 
獲得メダル
フィギュアスケート
ジュニアグランプリファイナル
2007 グダニスク 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

人物編集

大阪府に生まれ。お風呂場に氷を張り、遊んだことからスケートをしたいと強く思うようになり5歳からスケートを始める。もともとやりたがっていたのはスピードスケートだったが、母の勧めでフィギュアスケートをすることになった[2]

好きな色はオレンジ。憧れのスケーターは荒川静香[3]

小学5年でルッツフリップを習得し[4]、小学6年までにアクセルを除く5種類の3回転ジャンプを跳べるようになり「天才少女」と呼ばれた[1]。中でもルッツが得意[5]。ただし、フリップではアウトサイドで踏切る癖があり、エラーエッジ判定を受けることがある。ジャンプ以外の要素においても高い評価を受けており、スピン、スパイラルでは複数のレベル4判定を受けている。またGOEの加点も多く付けられている[6]

経歴編集

1998年より新松戸アイスアリーナ岡島功治に師事し[6]、リンク閉鎖後は明治神宮外苑アイススケート場に練習拠点を移す。2004-2005シーズンの全日本ノービス選手権Bクラスで優勝、2005-2006シーズンの全日本ノービス選手権Aクラスで2位、翌2006-2007シーズンの全日本ノービス選手権Aクラスで優勝。

2007-2008シーズンからジュニアに上がると、アジア杯ジュニアクラス、ISUジュニアグランプリ (JGP)タリン杯、JGPジョン・カリー記念と立て続けに優勝。JGPファイナルでは3位となった。全日本ジュニア選手権では2位となり、全日本選手権にも出場した。世界ジュニア選手権では5位となった。2008-2009シーズンは振付をローリー・ニコルに依頼し、さらなる飛躍が期待されたが成績はふるわず、世界ジュニア選手権代表の座も逃した。

2010-2011シーズンからは岡島功治・樋口豊両コーチに指導を仰ぎ、JGPブラショフ杯で7位、JGPジョン・カリー記念で3位入賞。また全日本選手権ではSP6位・FS7位で総合6位に入賞し、世界ジュニア選手権の代表に選出された。

2015-2016シーズン、東日本選手権で3連覇。全日本選手権ではSPでの失敗が響き21位と出遅れた。しかしFSでは転倒なくジャンプをまとめ18位に順位を上げた。年明け1月に開催されたインカレでは史上初の4連覇を果たし、17年間のスケート人生を有終の美で飾った[7][8]

主な戦績編集

国際大会
大会/年 03-04 04-05 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10 10-11 11-12 12-13 13-14 14-15 15-16
ユニバーシアード 6
ネペラ杯 4 7 16
ババリアンオープン 8
NRW杯 2
ガルデナスプリング杯 2
世界ジュニア選手権 5 12
JGPファイナル 3
JGPタリン杯 1 5
JGPブラショフ杯 7 4
JGP J.カリー記念 1 3
JGPボスポラス 7
JGPミンスク・アイス 2
JGPクールシュベル 15
アジアフィギュア杯 1 J 1 J
国内大会
全日本選手権 10 16 6 8 7 21 14 18
全日本ジュニア選手権 16 6 2 5 5
全日本ノービス選手権 5 B 1 B 2 A 1 A
  • J - ジュニアクラス
  • A - Aクラス
  • B - Bクラス

詳細編集

2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年12月24日-27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 21
49.81
17
101.51
18
151.32
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年2月4日-14日 ユニバーシアード冬季競技大会グラナダ 6
54.11
7
97.53
6
151.64
2014年12月25日-28日 第83回全日本フィギュアスケート選手権長野 11
55.65
16
91.83
14
147.48
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年12月20日-23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 21
45.49
20
87.93
21
133.42
2013年10月3日-5日 2013年オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 19
39.60
12
72.31
16
111.91
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月6日-11日 2013年ババリアンオープンオーベルストドルフ 7
45.73
10
82.07
8
127.80
2012年12月20日-24日 第81回全日本フィギュアスケート選手権札幌 4
58.53
9
104.10
7
162.63
2012年10月3日-7日 2012年オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 4
45.98
7
71.93
7
117.91
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年4月12日-15日 2012年ガルデナスプリング杯ガルデナ 1
47.09
2
79.09
2
126.18
2011年12月22日-26日 第80回全日本フィギュアスケート選手権門真 4
58.52
11
97.93
8
156.45
2011年11月29日-12月4日 2011年NRW杯ドルトムント 1
56.76
4
103.14
2
159.90
2011年10月12日-16日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 4
50.04
8
82.36
5
132.40
2011年9月21日-25日 ISUジュニアグランプリ ブラショフ杯ブラショフ 3
47.71
6
78.14
4
125.85
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月28日-3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵 11
46.09
15
75.05
12
121.14
2010年12月24日-27日 第79回全日本フィギュアスケート選手権長野 6
57.02
7
100.07
6
157.09
2010年9月29日-10月2日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 3
51.96
4
83.62
3
135.58
2010年9月8日-11日 ISUジュニアグランプリ ブラショフ杯ブラショフ 1
48.98
10
68.33
7
117.31
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月26日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権門真 14
53.26
16
84.96
16
138.22
2009年11月6日-7日 2009年オンドレイネペラメモリアルピエシュチャニ 9
36.28
2
85.91
4
122.19
2009年10月15日-16日 ISUジュニアグランプリ ボスポラスイスタンブール 4
48.18
7
75.77
6
123.95
2009年9月23日-27日 ISUジュニアグランプリ ミンスク・アイスミンスク 6
44.68
2
97.13
2
141.81


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年12月21日-23日 2008年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス(香港 43.80 87.50 1
131.30
2008年11月23日-24日 第77回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 4
51.44
6
89.59
5
141.03
2008年8月27日-31日 ISUジュニアグランプリ クールシュベルクールシュベル 13
37.41
13
62.58
15
99.99


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 4
54.15
6
85.29
5
139.44
2007年12月26日-28日 第76回全日本フィギュアスケート選手権大阪 10
48.94
11
88.57
10
137.51
2007年12月6日-9日 2006/2007 ISUジュニアグランプリファイナルグダニスク 2
54.63
3
94.79
3
149.42
2007年11月24日-25日 第76回全日本フィギュアスケートジュニア選手権仙台 2
52.44
3
85.72
2
138.16
2007年10月18日-21日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 2
50.46
1
83.58
1
134.04
2007年9月20日-22日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 1
51.88
1
92.24
1
144.12
2007年7月20日-22日 2007年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス(台北 1
44.26
1
79.12
1
123.38


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年11月25日-26日 第75回全日本フィギュアスケートジュニア選手権広島 19
35.92
4
85.91
6
121.83
2006年10月28日-29日 第10回全日本フィギュアスケートノービス選手権Aクラス(倉敷  
 
1
89.69
1
89.69
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年12月10日-11日 第74回全日本フィギュアスケートジュニア選手権長野 14
40.06
16
66.06
16
106.12
2005年10月29日-30日 第9回全日本フィギュアスケートノービス選手権Aクラス(川越  
 
2
72.56
2
72.56
2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年10月23日-24日 第8回全日本フィギュアスケートノービス選手権Bクラス(新宿区  
 
1
1.0
1
1.0
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年10月25日-26日 第7回全日本フィギュアスケートノービス選手権Bクラス(甲府  
 
5
5.0
5
5.0

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2015-2016 エル・フラメンコ
作曲 演奏:川井郁子
振付:デヴィッド・ウィルソン
ラ・ボエーム
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:デヴィッド・ウィルソン
2014-2015 黄昏のワルツ
作曲:加古隆
振付:デヴィッド・ウィルソン
2013-2014 こうもり
作曲:ヨハン・シュトラウス2世
Big Spender ミュージカル『スイート・チャリティー』より
ボーカル:シャーリー・バッシー
2012-2013 バタフライ・ラヴァーズ
作曲:何占豪陳鋼
振付:デヴィッド・ウィルソン、樋口豊
2011-2012 私のお父さん
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:宮本賢二
ピアノ協奏曲第1番
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:宮本賢二
Time To Say Goodbye
ボーカル:サラ・ブライトマン
2010-2011 序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:ローリー・ニコル
海賊
作曲:リッカルド・ドリゴ
振付:ローリー・ニコル
2009-2010
2008-2009[9][4] パガニーニの主題による狂詩曲
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
振付:ローリー・ニコル
ステッピン・アウト・ウィズ・マイ・ベイビー
作曲:アーヴィング・バーリン
シング・シング・シング
作曲:ルイ・プリマ
振付:佐藤紀子
2007-2008[10] レイエンダ
作曲:ヴァネッサ・メイ
眠れる森の美女
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
素敵なあなた 映画『スウィング・キッズ』より
作曲:ジャニス・シーゲル
2005-2006[1] - 死の舞踏
作曲:カミーユ・サン=サーンス
-

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.29
  2. ^ 『キャラクターブック 2008-2009』p.62
  3. ^ 西野勇気公式サイト
  4. ^ a b 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』マガジンハウス、2008年10月、p.63
  5. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.39
  6. ^ a b 西野友毬 公式サイト: PROFILE
  7. ^ スケート部(フィギュア部門) 有終の美 西野 V4
  8. ^ スケート部(フィギュア部門) 「スケートがなかったら、今の自分はいない」/西野友毬 引退インタビュー
  9. ^ 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.44
  10. ^ 『フィギュアスケート日本女子ファンブック2009』扶桑社、2008年12月、p.79

外部リンク編集