メインメニューを開く
日本 > 神奈川県 > 鎌倉市 > 西鎌倉 (大字)

西鎌倉(にしかまくら)は、神奈川県鎌倉市大字。現行行政地名は西鎌倉一丁目から西鎌倉四丁目。住居表示実施済み区域[5]郵便番号248-0035[3]

西鎌倉
西鎌倉駅 駅舎(2011年3月3日撮影)
西鎌倉駅 駅舎(2011年3月3日撮影)
西鎌倉の位置(神奈川県内)
西鎌倉
西鎌倉
西鎌倉の位置
北緯35度19分8.29秒 東経139度29分55.21秒 / 北緯35.3189694度 東経139.4986694度 / 35.3189694; 139.4986694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kamakura, Kanagawa.svg 鎌倉市
地域 腰越地域
面積
 • 合計 0.60km2
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[2]
 • 合計 3,723人
 • 密度 6,200/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
248-0035[3]
市外局番 0467 (藤沢MA)[4]
ナンバープレート 横浜

目次

地理編集

南端を湘南モノレール江の島線神奈川県道304号腰越大船線・市道大船・西鎌倉線(旧京浜急行線)が走り、住宅街の中央部を「西鎌倉並木通り」(かつては「プラタナス通り」と名づけられていたが地域住民の要望で変更された)という道路が横断している。地内の大部分は住宅だが、西鎌倉並木通り沿いや湘南モノレール西鎌倉駅付近に商店が立ち並び、これらの商店らで西鎌倉商店会を構成している。


地価編集

住宅地の地価は、2017年平成29年)7月1日の神奈川県の地価調査によれば、西鎌倉2-11-22の地点で18万8000円/m2となっている[6]

歴史編集

1968年昭和43年)6月1日津村腰越地区の一部から独立して誕生した大字である。戦前までは現在の県道沿いにあたるエリア(「赤羽」・「赤羽根」と呼ばれる)に若干の集落があった他は「初沢」と呼ばれる山林(『皇国地誌残稿』によると「無名山」)で、太平洋戦争末期には決号作戦にそなえ横穴陣地やトーチカが構築され、陸軍第140師団揮下の部隊が防衛していたようだが、終戦により資料が失われ詳しくはわからない。

1950年代末頃より西武鉄道(後年西武不動産販売が管理を引き継ぐ)により初沢・赤羽一帯を対象に大規模な宅地開発が行われ、1965年より「西鎌倉住宅地」として分譲が開始された。西鎌倉という地名はこの頃につけられたものである。この宅地開発により山林としての面影は消滅し、「初沢」という地名も使われなくなった。「赤羽」という地名も交差点名・バス停名として残っているのみである。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
西鎌倉一丁目 479世帯 1,122人
西鎌倉二丁目 375世帯 931人
西鎌倉三丁目 254世帯 638人
西鎌倉四丁目 419世帯 1,032人
1,527世帯 3,723人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7][8]

丁目 番地 小学校 中学校
西鎌倉一丁目 全域 鎌倉市立西鎌倉小学校 鎌倉市立手広中学校
西鎌倉二丁目 全域
西鎌倉三丁目 全域
西鎌倉四丁目 全域

交通編集

施設編集

参考文献編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 平成28年(2016年)版鎌倉の統計”. 鎌倉市. 2018年2月22日閲覧。
  2. ^ a b 鎌倉の人口と世帯数(地域・町丁・字別)”. 鎌倉市 (2018年1月26日). 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月22日閲覧。
  5. ^ 鎌倉市の町名称及び住居表示の実施状況”. 鎌倉市 (2017年2月7日). 2018年2月22日閲覧。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 鎌倉市の市立小学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。
  8. ^ 鎌倉市の市立中学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。