角番

大相撲の本場所において負け越しをした場合に、その地位から陥落するという状況

角番(かどばん)は、大相撲本場所において負け越しをした場合に、その地位から陥落するという状況である[1]。通常は、現役大関の力士に対して用いられる[注釈 1]

新聞などでは「」の漢字を「かく」「つの」等と読み間違えしない配慮で「カド番」「かど番」かな字で表記する場合が多い。

概要編集

大相撲においては、基本的に本場所で負け越した場合には番付が下がる(陥落・降格)が、大関については、その地位に上がるための規則が変則的であり、異なる基準によってその陥落を決めている。大関は、本場所で2場所連続で負け越した場合に関脇に降格する決まりになっており、1場所目に負け越した後の2場所目が「角番」といわれる。その場所で勝ち越しすれば、「角番を脱出する」が、負け越すと大関から陥落(関脇以下に降格)する。ベテランの力士の場合、大関陥落とともに引退する例があることから、「角番」の場所は、該当力士にとって「進退をかけた場所」となることが多い。

ただし、大関から陥落した力士に対しては救済措置として、取り組み日数の3分の2以上の勝星を挙げれば特例として大関に復帰できる。1場所の日数は毎場所15日[注釈 2]であるため、10勝以上が必要である(以下、「特例復帰」)。なお、この特例は陥落直後の1場所のみ有効であり、この場所が9勝以下であった場合は、再度大関の地位に戻るためには、新大関の昇進時と同じ基準(関脇・小結の地位で連続3場所33勝以上、且つ全て10勝以上が目安)を達成しなければならない(この場合は「大関復帰」ではなく、「再度の大関昇進」の扱いを受ける)。2022年(令和4年)9月場所後の横綱審議委員会において大関制度について異議を唱える委員もいたとのことで、角番で大負け(10敗以上)をしたら関脇陥落ではなく小結に落としてはどうかと現行の制度や大関昇進の目安について疑問視をする意見もあった[2][注釈 3]

なお、大相撲の番付の上下については、他の力士の成績との兼ね合いに左右され、横綱・大関昇進についてはその内容までが評価対象となるが、上記の大関陥落、特例の復帰については一切考慮されず、純粋に本人の成績のみによって決まる。

2019年9月場所から2021年9月場所までほぼ毎場所のようにカド番力士がいるなど大関の成績低下がある。

2022年までに2人以上の大関が、同時に関脇の地位へ降格した例は未だ一度も無い。

制度の変遷編集

2場所連続負け越しでの大関よりの降下は、1927年の東京相撲と大坂相撲の合併以来の諸制度の確定の中で定着した(ただし、1929年〈昭和4年〉から1932年〈昭和7年〉までの2場所通算成績などで番付を編成していた時代には、必ずしもこの限りではない)。この頃は復帰に関しての明確な規定はなかった(1949年1月場所に関脇へ転落した汐ノ海が、1950年1月場所で再び大関に復活したのが唯一のケースである)。その後、1958年に年6場所制が実施されたときに、「3場所連続負け越し」で陥落することに定められた(以下、「旧制度」。この制度下での大関陥落者は、松登若羽黒の二力士)。

しかし「これでは甘過ぎる」という意見も出たために、1969年7月場所からは再び「2場所連続負け越し」での降下に改められた。また、同時に特例での復帰制度が定められた。この制度変更により、大関残留の条件が「負越→負越→8勝」から「負越→負越→10勝」(しかも3場所目は一旦関脇に降格)と、少し厳しくなった。

なお、かつて大相撲で公傷制度が実施されていた時は、公傷が認められた全休場所はカウントされず、その翌場所が角番場所となっていた。公傷制度が始まった1972年1月場所当初は、大関のみ適用外であったが、1983年5月場所からは大関も公傷適用の対象に該当された[注釈 4]。しかしその後、場所中に公傷適用による休場力士が増加し、さらに当時の大関陣が休場すれば公傷と認定される弊害が多く出た理由もあって、2003年11月場所限りで公傷制度は廃止となった。

記録編集

2000年代に千代大海や魁皇がほぼ隔場所で角番の状態で長く大関を維持し、従来の記録を大幅に更新した頃から現行制度の見直しも論じられるようになり、横綱審議委員会から「累積5回の角番で降格や引退勧告」という具体案が出されたこともあった[3]。しかし、日本相撲協会内部で改訂が議論されるまでには至っていない。また、千代大海らは角番の数も多いが大関に在位した期間自体も長く、更に彼ら以降に長期在位した多くの大関が角番回数の上位に入っている。

因みに2022年9月場所後、横綱審議委員会の定例会合の中で委員の個人的意見として「あまり負けた人が関脇でとどまるのはいかがなものか、三役の一番下である小結に落としたらどうか」という声もあったという[4]

  • 2022年11月場所現在。太字は現役。

角番回数編集

現行制度(1969年7月以降)によるもの

順位 回数 四股名 角番場所
成績内訳
在位
場所数
備考
勝越 負越 その他
1位 14回 千代大海龍二 13 1 公傷4 65 関脇陥落場所中に引退
2位 13回 魁皇博之 13 0 公傷1 65
3位 9回 豪栄道豪太郎 8 1 0 33 関脇陥落確定後に引退
4位 8回 栃東大裕 6 2 公傷2 30 大関特例復帰2度
番付上の在位場所は31場所
5位 7回 小錦八十吉 6 1 0 39
琴欧洲勝紀 6 1 0 47
琴奨菊和弘 6 1 0 32
8位 6回 武双山正士 4 1 引退 27 大関特例復帰1度
大関角番場所中に引退
9位 5回 大麒麟將能 5 0 0 25
貴ノ花利彰 5 0 0 50
若嶋津六夫 4 0 引退 28 大関角番場所中に引退
貴ノ浪貞博 3 2 0 37 大関特例復帰1度
照ノ富士春雄 4 1 0 16 大関再昇進1度
のち第73代横綱へ昇進
貴景勝光信 4 1 0 17 大関特例復帰1度
正代直也 4 1 0 13
  • 大関力士への公傷制度適用は1983年5月場所~2003年11月場所。
《参考》旧制度下(1958年1月~1969年5月)の大関での負越と角番回数
順位 負越 回数 四股名 角番場所
成績内訳
在位
場所数
備考
勝越 負越 その他
1位 12回 3回 琴ヶ濱貞雄 3 0 0 28
2位 9回 1回 豊山勝男 1 0 0 34
3位 7回 4回 松登晟郎 3 1 0 15 大関昇進時は旧制度以前
4位 6回 0回 北葉山英俊 0 0 0 30 大関2場所連続負越し後に引退
1回 栃光正之 0 1 0 22 関脇陥落確定後に引退
6位 5回 1回 若羽黒朋明 0 1 0 13
3回※ 琴櫻傑将 3 0 0 32 ※印の角番回数は現行制度(1969年7月以降)
8位 2回 1回 北の冨士勝明 1 0 0 21
9位 1回 0回 朝汐太郎 0 0 0 11 大関昇進時は旧制度以前
佐田の山晋松 0 0 0 17
玉乃島正夫 0 0 0 20

連続角番無し(大関勝ち越し)編集

順位 場所数 四股名 前場所地位・成績 大関連続勝越(角番無し)期間 次場所地位・成績
1位 32場所 武蔵丸光洋 関脇・12勝3敗 1994年(平成6年)3月場所-1999年(平成11年)5月場所 横綱・12勝3敗
2位 26場所 朝潮太郎 (4代) 大関・6勝3敗6休
→ 公傷
1984年(昭和59年)1月場所-1988年(昭和63年)3月場所 大関・1勝2敗12休
3位 20場所 琴風豪規 関脇・12勝3敗 1981年(昭和56年)11月場所-1985年(昭和60年)1月場所 大関・5勝10敗
4位 18場所 北天佑勝彦 関脇・14勝1敗 1983年(昭和58年)7月場所-1986年(昭和61年)5月場所 大関・6勝9敗
稀勢の里寛 大関・7勝8敗 2014年(平成26年)3月場所-2017年(平成29年)1月場所 横綱・13勝2敗
6位 17場所 玉乃島正夫(のち玉の海正洋) 大関・7勝8敗 1967年(昭和42年)5月場所-1970年(昭和45年)1月場所↑ 横綱・13勝2敗
旭富士正也 関脇・12勝3敗 1987年(昭和62年)11月場所-1990年(平成2年)7月場所 横綱・13勝2敗
琴欧洲勝紀 大関・2勝7敗6休 2008年(平成20年)5月場所-2011年(平成23年)1月場所 大関・3勝8敗4休
9位 16場所 清國勝雄 大関・7勝8敗 1970年(昭和45年)5月場所-1972年(昭和47年)11月場所 大関・1勝6敗8休
10位 15場所 北の富士勝昭 大関・7勝8敗 1967年(昭和42年)9月場所-1970年(昭和45年)1月場所 横綱・13勝2敗
若嶋津六夫 関脇・12勝3敗 1983年(昭和58年)1月場所-1985年(昭和60年)5月場所 大関・4勝4敗7休
  • 現行の角番制度(1969年7月場所)以降で大関に在位した力士を対象(玉乃島と北の富士は旧制度期からの連続場所数)。
  • 太字の地位・成績・場所は、幕内最高優勝を達成。↑は場所後に横綱昇進。
  • 玉乃島の1967年3月場所の負け越しは旧制度下のもので、角番は経験していない。「角番無し」で数えると、新大関場所の1966年(昭和41年)11月 - 1970年1月の連続20場所となる。
  • 北の富士は1967年5・7月場所を負け越し、旧制度下での角番を一度経験している。
  • ☆の力士は角番未経験(負け越し無し)で横綱に昇進。

関脇陥落後の復帰編集

関脇陥落直後の場所で10勝以上を挙げて特例復帰した力士は、三重ノ海貴ノ浪武双山栃東栃ノ心貴景勝の6人である。三重ノ海と照ノ富士は大関転落者で横綱昇進を果たし、栃東は2度の特例復帰を達成している。陥落場所で優勝した力士はいない(貴景勝が優勝同点の成績を残している)。

関脇陥落場所の成績
場所 地位 四股名 成績 備考
1972年(昭和47年)5月場所 張出関脇 前の山太郎 7勝8敗
1974年(昭和49年)7月場所 東張出関脇 大受久晃 9勝6敗
1976年(昭和51年)1月場所 西関脇 魁傑將晃 7勝8敗 のち再昇進
1976年(昭和51年)7月場所 西張出関脇 三重ノ海剛司 10勝5敗 特例復帰
1977年(昭和52年)11月場所 西関脇 魁傑將晃(2) 6勝9敗
1985年(昭和60年)9月場所 東張出関脇 琴風豪規 公傷→全休
1993年(平成5年)3月場所 西張出関脇 霧島一博 公傷→5勝10敗
1994年(平成6年)1月場所 西張出関脇 小錦八十吉 2勝13敗
2000年(平成12年)1月場所 西関脇2 貴ノ浪貞博 10勝5敗 特例復帰
2000年(平成12年)7月場所 西関脇2 貴ノ浪貞博(2) 7勝8敗
2000年(平成12年)9月場所 西関脇 武双山正士 10勝5敗 特例復帰
2001年(平成13年)9月場所 西関脇 出島武春 5勝10敗
2002年(平成14年)1月場所 東関脇2 雅山哲士 公傷→全休
2004年(平成16年)7月場所 西関脇2 栃東大裕 10勝5敗 特例復帰
2005年(平成17年)1月場所 西関脇2 栃東大裕(2) 11勝4敗 特例再復帰
2010年(平成22年)1月場所 西関脇 千代大海龍二 0勝4敗 現役引退
2013年(平成25年)1月場所 西関脇 把瑠都凱斗 8勝7敗
2014年(平成26年)1月場所 西関脇 琴欧洲勝紀 8勝7敗
2017年(平成29年)3月場所 東関脇2 琴奨菊和弘 9勝6敗
2017年(平成29年)11月場所 東関脇2 照ノ富士春雄 0勝5敗10休 のち再昇進
2019年(令和元年)5月場所 西関脇 栃ノ心剛史 10勝5敗 特例復帰
2019年(令和元年)9月場所 西関脇 貴景勝光信 12勝3敗(●御嶽海) 特例復帰
2019年(令和元年)11月場所 西関脇 栃ノ心剛史(2) 2勝3敗10休
2020年(令和2年)1月場所 西関脇 髙安晃 6勝9敗
2021年(令和3年)9月場所 東関脇2 朝乃山英樹 全休 出場停止処分
2022年(令和4年)11月場所 西関脇2 御嶽海久司 6勝9敗
  • 優勝同点、()は優勝決定戦
  • この内、公傷適用が切れて全休した琴風と雅山の二人は平幕の下位に転落。休場明けの場所で、琴風(1985年11月場所)は東前頭10枚目で0勝4敗(現役引退)、雅山(2002年3月場所)は東前頭8枚目で9勝6敗。
  • ☆の力士は横綱に昇進、太字の照ノ富士・貴景勝は大関以上の地位で、斜字の栃ノ心・髙安・朝乃山・御嶽海は関脇以下の地位で、2022年11月場所時点において現役中。
  • 朝乃山は自身の不祥事により、6場所連続の出場停止処分となり、2021年7月場所では角番脱出の機会を失い、関脇に転落。更に翌9月場所で、大関特例復帰の機会も失い、平幕下位へと転落することとなった(最終的に出場停止明けの段階で三段目22枚目まで陥落した)。
  • 2022年(令和4年)7月場所の御嶽海久司は、角番大関の状態で2勝5敗8休と成績だけを見ると通常なら関脇に陥落する状況であったが、新型コロナウイルス感染により休場しており、7月場所後の番付編成会議で同場所の新型コロナウイルス感染または濃厚接触疑いによる休場者のうち、休場の時点で勝ち越し・負け越しが決まっていなかった力士は番付が据え置きとなったため、御嶽海については9月場所は関脇に陥落せず角番大関の状態を継続して迎えることになった。しかし、御嶽海は9月場所で11日目に8敗目を喫したため負け越しが決定し、11月場所の関脇陥落が決定している[5]

大関特例復帰を決める10勝目を挙げ復帰を確定する日数編集

順位 四股名 10勝目を挙げた日数 最高位
1位 貴景勝光信 12日目 大関
2位 三重ノ海剛司 13日目 横綱
3位 栃東大裕 14日目 大関
栃東大裕(2) 大関
栃ノ心剛史 大関
6位 貴ノ浪貞博 千秋楽 大関
武双山正士 大関
  • 太字の力士は、2022年5月場所現在、現役力士である。
  • 貴ノ浪・栃ノ心は1度目の陥落場所での日数。

陥落後の再昇進の事例編集

関脇陥落場所で特例復帰の10勝を挙げられずに、のちに大関再昇進を果たした力士は魁傑照ノ富士の2人である(但し魁傑はその4場所後に又も関脇陥落した)。以下の表では各力士の再昇進までの場所別成績を示す。

魁傑編集

場所 地位 成績 備考
1976年(昭和51年)1月場所 西関脇 7勝8敗 大関特例復帰ならず
1976年(昭和51年)3月場所 東前頭筆頭 5勝10敗 金星北の湖
1976年(昭和51年)5月場所 西前頭6枚目 10勝5敗 敢闘賞
1976年(昭和51年)7月場所 西小結 5勝10敗
1976年(昭和51年)9月場所 西前頭4枚目 14勝1敗 優勝、敢闘賞
1976年(昭和51年)11月場所 西関脇 11勝4敗 敢闘賞
1977年(昭和52年)1月場所 西関脇 11勝4敗 敢闘賞、翌場所大関再昇進

照ノ富士編集

場所 地位 成績 備考
2017年(平成29年)11月場所 東関脇2 0勝5敗10休 大関特例復帰ならず
2018年(平成30年)1月場所 東前頭10枚目 0勝8敗7休
2018年(平成30年)3月場所 西十両5枚目 6勝9敗
2018年(平成30年)5月場所 東十両8枚目 0勝9敗6休
2018年(平成30年)7月場所 東幕下6枚目 全休
2018年(平成30年)9月場所 東幕下47枚目 全休
2018年(平成30年)11月場所 西三段目27枚目 全休
2019年(平成31年)1月場所 西三段目88枚目 全休
2019年(平成31年)3月場所 西序二段48枚目 7戦全勝 優勝同点
2019年(令和元年)5月場所 東三段目49枚目 6勝1敗
2019年(令和元年)7月場所 東幕下59枚目 6勝1敗
2019年(令和元年)9月場所 東幕下27枚目 6勝1敗
2019年(令和元年)11月場所 西幕下10枚目 7戦全勝 幕下優勝
2020年(令和2年)1月場所 西十両13枚目 13勝2敗 十両優勝
2020年(令和2年)3月場所 東十両3枚目 10勝5敗
2020年(令和2年)7月場所 東前頭17枚目 13勝2敗 幕内最高優勝
殊勲賞
技能賞
2020年(令和2年)9月場所 東前頭筆頭 8勝5敗2休
2020年(令和2年)11月場所 東小結 13勝2敗 優勝同点
技能賞
2021年(令和3年)1月場所 東関脇 11勝4敗 優勝次点
技能賞
2021年(令和3年)3月場所 東関脇 12勝3敗 幕内最高優勝
殊勲賞
翌場所再昇進

大関復帰場所成績編集

復帰場所 四股名 成績 最高位 備考
1976年(昭和51年)9月場所 三重ノ海剛司 9勝6敗 横綱
1977年(昭和52年)3月場所 魁傑將晃 8勝7敗 大関
2000年(平成12年)3月場所 貴ノ浪貞博 7勝8敗
2004年(平成16年)9月場所 栃東大裕 2勝2敗11休
2005年(平成17年)3月場所 栃東大裕(2) 10勝5敗
2019年(令和元年)7月場所 栃ノ心剛史 0勝6敗9休
2019年(令和元年)11月場所 貴景勝光信 9勝6敗
2021年(令和3年)5月場所 照ノ富士春雄 12勝3敗(○貴景勝) 横綱 優勝、()は優勝決定戦

大関角番で優勝した力士編集

角番場所 地位 成績 四股名 前場所成績 次場所成績
1975年(昭和50年)9月場所 西大関 12勝3敗
(○北の湖)
貴ノ花健士
(のち貴ノ花利彰)
0勝4敗11休 8勝7敗
1989年(平成元年)11月場所 西張出大関 14勝1敗 小錦八十吉 5勝10敗 10勝5敗
1994年(平成6年)1月場所 西大関 14勝1敗 貴ノ花光司 7勝8敗 11勝4敗
2001年(平成13年)7月場所 東大関3枚目 13勝2敗 魁皇博之 4勝5敗6休 0勝4敗11休
2003年(平成15年)3月場所 東大関2枚目 12勝3敗 千代大海龍二 6勝3敗6休※ 10勝5敗
2006年(平成18年)1月場所 東大関2枚目 14勝1敗 栃東大裕 2勝2敗11休 12勝3敗
2008年(平成20年)5月場所 西大関2枚目 14勝1敗 琴欧洲勝紀 2勝7敗6休 9勝6敗
2016年(平成28年)9月場所 東大関2枚目 15戦全勝 豪栄道豪太郎 7勝8敗 9勝6敗
  • 四股名は優勝当時の四股名
  • 貴ノ花健士(のち貴ノ花利彰)成績で()内は優勝決定戦
  • ※印の千代大海は前々場所の成績(前場所は公傷制度適用のためカウントされず)。
  • 「大関2枚目」のようにある表記は、張出ではなく、番付の枠内に書き出されたもの。
  • 角番で優勝した場合も翌場所は綱取り場所となる。
    • 上記の8力士共に角番大関で優勝したものの、次場所では「大関で2場所連続優勝、もしくは準ずる成績」を挙げる事が出来ず、全て横綱昇進は果たしていない。
    • 但し、☆印の貴ノ花(のち貴乃花)の一人だけが、その後1994年9月と11月場所に「大関で二場所連続全勝優勝」を達成して、1995年1月場所に新横綱と成った。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 他の地位に対して用いられる例もある。例えば、2009年7月場所(名古屋場所)の出島武春は十両陥落の危機にあり、場所中の朝日新聞の記事に「幕内角番」と説明された。
  2. ^ 現行制度下では過去に実例はないが、(国家的な行事や、突発的な大災害、また相撲界の不祥事などで)取り組み日数の減少があった場合でも、実際に行われた日数の3分の2以上で計算する事となっている(13日に短縮された場合は9勝で条件を満たす、等)。
  3. ^ 実際、昭和初期までは大関から直接小結へ陥落した例や周囲の状況の関係で勝ち越しながら陥落した例もあり(最も新しい例は能代潟錦作が勝ち越しながら小結へ陥落)、更に遡ると江戸時代や明治時代には大関から直接平幕へ陥落した例もあった(最も新しい例は鳳凰馬五郎)。
  4. ^ 適用第一号は1983年9月場所の4代朝潮

出典編集