メインメニューを開く
△持駒 角
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持駒 角
第1図 ▲7七桂まで

角頭歩戦法(かくとうふせんぽう)は将棋における振り飛車系の奇襲戦法。先手番でも、後手番でも行う。

初手▲7六歩、△3四歩に対して▲8六歩と突く。もし後手が次に△8四歩としてくれば、▲2二角成△同銀とを交換して▲7七桂とする(第1図)。以下先手は8八銀、8七銀から角換わり風にしてもいいが、7八金や6六歩から振り飛車を目指す。角道を止められた場合は▲6六角と上がり向かい飛車にする。

米長邦雄1975年(1974年度)の第24期王将戦第一局で角頭歩戦法を採用したが、後手の中原誠王将は四手目に△4四歩として奇襲は不発に終わった。

分岐1編集

△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 なし
第2図 ▲6五角まで

第1図から8筋の隙間に角を打って馬を作りにいく手は成立しない。△8七角には▲6五角と打ち、7六歩にひもをつけつつ4三角成を狙う。△5二金左として角成を受ければ▲7八銀で角を取りにいく。以下、単に△同角成▲同金では角銀交換の駒得で先手有利。△6四歩として角を取りに来た場合、▲8七銀△6五歩と角を取り合った後で7八金、6八飛車から6五歩の伸びすぎをとがめても先手は互角だが、▲4三角成と成りこむ手がある(第3図)。▲4三角成に△同金は▲8七銀として一歩得と陣形の差で先手有利(第4図)。▲4三角成に△7八角成は▲5二馬と金を取りつつ先に王手をかけられるため後手は△同金(あるいは△同玉)と応ぜざるをえず、▲7八金と手を戻してやはり一歩得、陣形の差で先手有利(第5図)。

△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 歩
第3図 ▲4三角成まで
△持駒 角
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角歩
第4図 ▲8七銀まで
△持駒 角銀
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角金歩
第5図 ▲7八金まで

参考書籍編集