メインメニューを開く

設楽 貞通(したら さだみち)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将

 
設楽貞通
設楽越中守貞通.jpg
長篠合戦図屏風(浦野家旧蔵)
時代 戦国時代-安土桃山時代
生誕 天文3年(1534年)
死没 慶長元年(1596年)
別名 小四郎、甚三郎、神三郎
墓所 愛知県新城市川路の聖堂山勝楽寺
官位 越中守
主君 今川義元 徳川家康
氏族 三河設楽氏
父母 鈴木重成 設楽貞重
兄弟 清政
設楽清広娘 菅沼定則
貞清 貞信 貞慶 貞則 大井政吉[1]
テンプレートを表示

生涯編集

設楽氏一族は、駿河今川家に仕えていたが、今川氏真の代になった永禄四年(1561年)に、野田の菅沼氏・西郷氏(「豊川三人衆」)らと、これに背き、三河徳川家に通じた。

以後は、徳川家康の傘下となり、永禄6年(1563年)の三河一向一揆では岡崎城にあって徳川勢の一翼を担った[2]

翌7年(1564年)、今川方の東三河の拠点吉田城を、下條の白井、二連木(豊橋市)の戸田の軍勢とともに攻めた[2]

元亀2年(1571年)に武田氏配下の秋山虎繁が領地に侵入した際、菅沼定盈西郷義勝らと共に撃退した(竹広表の戦い)。

元亀3年(1572年)に菅沼正貞が領地に侵入した際、出澤砦にて滝川助義とともに撃退した。

元亀4年(1573年)の武田信玄による野田城の戦いでは、継室の実家である野田菅沼氏の菅沼定盈を支援すべく、手勢を率いて野田城に籠もる[2]

天正2年(1574年)、本家で反松平派の設楽清政(神三郎)と抗争。清政は出奔し、その領地は貞通が相続した(その後、清政は北条氏直に仕えた)。

天正3年(1575年)の長篠の戦いでは、酒井忠次率いる鳶ヶ巣山陣地への奇襲部隊に加わり[2]、500兵と50挺の鉄砲で樋田に陣を構えた。鳶ヶ巣山陣地奇襲は成功し、敗走する武田軍の退路を断った貞通は武田の敗残兵を討ったという。

設楽原古戦場の、いろはかるたには、「樋田(といだ)にて 退路をたちし 設楽貞通」とある[3]

信濃口の押さえとして一年間、三河国鳳来寺を守った[2]

長篠の戦いの後、家康奥平信昌設楽郡を知行地とする約束をしたことから、領地を駿遠両国に移される[4]

慶長元年(1596年)12月27日、文禄・慶長の役のさなかに死去した。川路村勝楽寺に葬られる。法名は香山[4]

一族編集

嫡男の貞清は、1590年の家康の関東移封に従い[4]武蔵国埼玉(埼玉県加須市)に1500石の知行地が与えられた。その子の貞代の代には2150石[4]

二男の貞信は、小牧・長久手の戦い小田原征伐関ヶ原の戦い大坂の陣に従った[5]。竹広(愛知県新城市)に七百石の知行地が与えられ[5]、上野国の七百石と併せて1400石。その子の貞政は大阪町奉行[5]。その子孫には、岩瀬忠震がいる。

三男貞慶は、紀州藩に仕える[4](曹洞宗大宝山恵運寺:旧廣巌寺)。

四男の貞則は、松平忠直に仕える。その子貞清は、丹羽光重に仕え、二本松藩御目付役[6](心安寺(二本松市本町))その子孫には、設楽貞雄がいる。

人物編集

設楽家系譜写(小倉尚久氏蔵)には以下のように記されている[7]

為人深沈、有大度。小四郎、甚三郎、神三郎・越中守。実は加茂郡足助城主鈴木日向守重成次男にて設楽雅楽介貞重の養子トナル。幼名小四郎。設楽越中守清廣ノ聟タリ。家康公の御従妹市場殿ノ甥ナリト云。多く足助ニ住ス。兵役アル毎ニ家康公ノ命ヲ蒙、越中守清広ノ手ニ属シテ屡々軍功アリ。越中守清廣卒後、其子神三郎清政幼稚タルニ寄テ、家康公ノ命ヲ蒙リ、後見タラシメ、設楽家累代ノ領地ヲ頒テ共ニ領セリ。其後、貞通ノ威力自カラ以テ神三郎清政ヲ推シ傲然トシテ徳川公ニ奉仕ス。清政長ルニ及テ是ヲ憤リ、其後争論アリ。天正二戌年清政、設楽家伝来ノ系図其外重器ヲ持テ武州ニ赴ク。貞通竟ニ設楽家ヲ相続シ其領地ヲ併ス。此年貞通、足助ヨリ川路ニ転ス。猶譜書証合事。前妻、設楽越中守清広女。後妻、菅沼織部正定則女、素明禅定尼。

(貞通の人柄は沈着冷静にして、度量が大きな人であった。小四郎、甚三郎、神三郎・越中守と称した。実は、加茂郡の足助城主である鈴木日向守重成の次男であり、設楽雅楽介貞重の養子となる。幼名は小四郎。設楽越中守清広の娘婿である。家康公の従妹である市場殿の甥という。多くは賀茂郡の足助に住み、兵役ある毎に家康公の命を受け、設楽越中守清広の配下に属して、しばしば軍功があった。越中守清広の死後、その子である神三郎清政が幼稚であるので、家康公の命を受けて後見人となり、設楽家歴代の領地を分与して共に領した。その後、貞通の勢力は、自然の成り行きとして神三郎清政を圧迫し、傲慢な態度で徳川公に奉仕した。清政は成長するにつれて、これに憤慨し、その後論争となった。天正二年の戌年に清政は、設楽家伝来の系図その外の宝物を持って武蔵国に赴く。貞通はついに設楽家を相続し、その領地を併有する。その年(天正二年)貞通は、加茂郡の足助より設楽郡の川路に転居する。なお、家譜と照合の事。前妻は、設楽越中守清広の娘。後妻は、菅沼織部正定則の娘で素明禅定尼である。)

登場作品編集


脚注編集

「扨又、設樂は、東三河衆一人も御手を取らざる先に人一番に御忠節を申。然間四方は敵岡崎寄は程遠ければ、居城をさりて妻子を引ぐして、岡崎に詰めて居たり。東三河の國侍には設樂は一番、其付而西郷御忠節成。次に野田之蒯沼新八郎、下祥之白井が御味方を申。」 — 『三河物語』[8][9]
「設楽(貞通)は東三河衆がだれも内通することがない先に、一番に家来となることを申しでた。四方は敵で、岡崎からは遠いので、その居城を去って、妻子を引きつれて、岡崎に住んでいた。東三河の国侍で、設楽が一番、つぎに西郷(正勝)が家来となり、つぎに野田の新八郎(定盈)、下条の白井(麦右衛門)が味方となった。」 — 『現代語訳三河物語』[10]


出典編集

  1. ^ 堀田 1923b, p. 18.
  2. ^ a b c d e 堀田 1923a, p. 920.
  3. ^ JA愛知東 2019, 設楽越中守陣地.
  4. ^ a b c d e 堀田 1923a, p. 921.
  5. ^ a b c 堀田 1923a, p. 925.
  6. ^ 二本松市 1979, p. 895.
  7. ^ 川合1984, p. 56.
  8. ^ 国民文庫刊行会 1912, p. 105コマ.
  9. ^ 坪井 1897, p. 30コマ.
  10. ^ 大久保 2018, p. 134.

参考文献編集

  • 大久保彦左衛門『現代語訳三河物語』小林賢章訳、筑摩書房、2018年3月。全国書誌番号:23058133
  • 川合重雄「中世奥三河における設楽氏の系譜について」『三河地域史研究第2号』、三河地域史研究会、1984年、 全国書誌番号:00042401
  •  国民文庫刊行会『国立国会図書館デジタルコレクション 雑史集』三河物語 大久保忠教著、国民文庫刊行会、1912年8月。全国書誌番号:840901481
  • JA愛知東 (2019年5月1日). “設楽越中守陣地”. 長篠・設楽原古戦場 いろはかるた巡り. JA愛知東. 2019年5月1日閲覧。
  •  坪井九馬三、日下寛 校訂『国立国会図書館デジタルコレクション 文科大学史誌叢書』三河物語 中、吉川半七等、1897-1913。全国書誌番号:73018421
  • 二本松市『二本松市史第5巻近世Ⅱ』二本松市、1979年2月。
  •  堀田正敦編『国立国会図書館デジタルコレクション 寛政重脩諸家譜』第2輯、國民圖書、1923年4月。全国書誌番号:21329092
  •  堀田正敦編『国立国会図書館デジタルコレクション 寛政重脩諸家譜』第6輯、國民圖書、1923年4月。全国書誌番号:21329092

関連項目編集

外部リンク編集