読売報知

読売報知』(よみうりほうち、題字は讀賣報知)は、読売新聞社(現:読売新聞東京本社)が第二次世界大戦1941年 - 1945年)中の新聞統制読売新聞報知新聞が合併して発行されていた日本の日刊新聞である。

讀賣報知
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 読売新聞社
(現:読売新聞東京本社
本社 東京都中央区銀座
創刊 1943年8月5日
廃刊 1946年4月30日
(以降『読売新聞』に題号を復題して継続)
前身 読売新聞
報知新聞
言語 日本語
関係する人物 正力松太郎
務臺光雄
特記事項:
発行所住所は発行当時のもの。
テンプレートを表示

歴史編集

1943年(昭和18年)8月5日に読売新聞社は報知新聞社(旧法人)を新聞統制で吸収合併して明治初期から親しまれていた両紙の題字は「読売報知」に改題され、読売側が新聞の編集・発行を手掛けた。紙齢(創刊からの号数・バックナンバー)は1874年(明治7年)創刊の読売側のもの引き継いだ。

終戦後の1946年(昭和21年)5月1日に読売報知は2年8ヶ月振りに題号を『讀賣新聞』に復題して現在に至り、1952年(昭和27年)に読売新聞大阪本社1964年(昭和39年)に読売新聞西部本社を設立して東日本ブロック紙から全国紙としての基礎を築く。一方の報知側は1946年に旧法人の有志によって新法人を設立して『新報知』の題号で復刊する。1948年(昭和23年)に題号を『報知新聞』とするが、経営悪化により読売の傘下に入り、読売系スポーツ紙として再出発して現在の『スポーツ報知』となる。なお、東京・大阪で発行するスポーツ報知の紙齢は1872年(明治5年)に『郵便報知新聞』として創刊されたものからのを換算している。

関連項目編集