メインメニューを開く

諏訪神社(すわじんじゃ)は鳥取県八頭郡智頭町智頭宿にある神社。創建は鎌倉時代弘安元年(1278年)で、信州諏訪大社の分霊を奉るため建てられた。江戸時代鳥取藩池田家の祈願所として栄えた。

諏訪神社
諏訪神社拝殿
拝殿
所在地 鳥取県八頭郡智頭町大字智頭宮前
位置 北緯35度16分16秒
東経134度13分53秒
主祭神 建御名方神
創建 1278年弘安元年)
例祭 4月27日10月27日
主な神事 柱祭り(6年おき)
テンプレートを表示

牛臥山の山麓に鎮座し、参道は智頭往来に接する。境内には古より社紋であるが数百本繁茂しており、秋は紅葉の名所として賑わう。

目次

由緒編集

境内編集

柱祭り編集

1782年(天明2年)より、諏訪大社の御柱祭に倣った「柱祭り」が行われている。以来6年ごとの申年寅年の4月に、柱を献上する者の山から4本のが伐り出され、町内を練り歩いた後、宮入りして本殿四隅に建立される。

2001年(平成13年)3月23日、鳥取県指定無形民俗文化財に指定[1]

交通アクセス編集

脚注編集

ギャラリー編集

関連項目編集

外部リンク編集