メインメニューを開く

諫早 茂喬(いさはや しげたか)は、江戸時代の武士肥前国佐賀藩士。諫早鍋島家(諫早氏)13代当主。

 
諫早茂喬
Isahaya Shigetaka.png
諫早茂喬の肖像
時代 江戸時代
生誕 文政6年4月1日1823年5月11日
死没 嘉永元年2月25日1848年3月17日
別名 益千代、勇太郎、石見
墓所 長崎県諫早市西小路町天祐寺
主君 鍋島斉正
肥前佐賀藩
氏族 諫早鍋島家諫早氏
父母 父:諫早茂洪、母:澄(鍋島直宜の三女)
兄弟 茂喬鍋島利卿茂孫一学
正室:於民(鍋島斉直の娘)
武春

目次

家系編集

諫早家は龍造寺隆信の又従兄弟家晴の子孫。藩主鍋島氏の旧主君龍造寺氏の一族で、鍋島氏を憚って諫早氏を称す。家紋は「上り藤」。代々藩主の偏諱を受け「茂」の字を拝領している。藩内の家格は親類同格。

龍造寺氏一族として、藩内で大名並みの知行二万六千石と強い影響力を持つ。

略歴編集

文政6年(1823年)4月1日、諫早邑主12代茂洪の子として生まれる。幼名は「益千代」。弘化2年(1845年)9月29日家督相続。10月に通称を「石見」と改める。12月に藩主鍋島斉正の妹於民と結婚。

弘化3年(1846年)6月7日、フランスのセシル提督率いる軍艦3隻(クレオパトル、サビヌ、ヴィクトリューズ)が長崎に来航して交易を求めた際に、兵を率いて長崎に急行して港の警備に当たった。弘化4年(1847年)11月、佐賀諫早家屋敷で病に伏せる茂喬を診察するため、藩医伊東玄朴が使わされた。

嘉永元年(1848年)2月25日死去。享年26。菩提寺の天祐寺に葬られた。家督は嫡子益千代(武春)が幼いため、弟孫九郎(茂孫)が相続した。

参考文献編集

  • 長崎叢書「長崎畧史 下巻」

参考リンク編集