(たに、英語: Valley)とは、尾根山脈に挟まれた、周囲より標高の低い箇所が細長く溝状に伸びた地形

目次

地形編集

谷の定義編集

谷は広義には周囲より標高が低くなっている地形であり、細長く溝状に伸びた低所の総称をいう[1]地図においては、尾根とは逆に等高線が凹状になって表れる。ただし、広義の谷は谷底が一方向に向かって低くなっている必要はない[1]

谷で一番多いのは河川侵食谷であり、谷は狭義には河川の浸食によりできた河谷(かこく)のことをいう[1]。谷を流れる川のことを渓流といい、そのような谷は谿とも表記され、渓谷(けいこく)ともいう。

イギリスではデイル (Dale) と呼ばれ、その数が多いヨークシャー・デイルズ国立公園がある。

日本で谷というと幅の狭いものを考えがちだが、グレート・リフト・バレーカリフォルニア州のセントラル・バレーでは、谷の幅が100kmにも達する。

谷の分類編集

侵食谷と初生谷編集

谷はその成因により侵食谷初生谷に大別される[1]

侵食谷とは河川、波、風、流氷氷河など主として流体の運動によって侵食された谷をいう[1]。侵食谷は成因により河川侵食谷、氷食谷、溶食谷、風食谷、海食谷などに分類される[1]。最も多いものが河川侵食谷(河谷)である[1]。河谷は断面の形状によりV字谷U字谷・鋸挽谷・峡谷・階層谷(キャニオン)・谷床・箱状谷・非対称谷などに分類される。

初生谷とは侵食以外の成因によってできた谷である[1]。初生谷も成因により変動成谷(リフト谷や断層谷など)、火山成谷(火山体間谷など)、集動成谷、堆積成谷などに分類される[1]。なお、断層褶曲によってできた谷は構造谷とも呼ばれる。

なお、左右両側の斜面勾配に著しい異なりを見せる谷を非対称谷という。

縦谷と横谷編集

山脈に沿って流れる谷を縦谷(じゅうこく)、山脈を横切る谷を横谷(おうこく)という。横谷のうち、もともと川が流れていた平地の一部が隆起して川を横切るように山脈が形成されるときに、隆起の速度よりも谷の下刻が速い場合に形成されたものを先行谷(せんこうこく)という。吉野川四国山地を横切る箇所にある大歩危小歩危が代表的である。隆起の速度の方が速いと谷は切断される。

地名編集

」「谷戸」「谷津」「谷地」と表し「や、やと、やつ、やち」などと読む地形および地名については谷戸を参照のこと。

また、新潟県長野県静岡県以東の東日本では「○○沢」と呼ばれることが多いが、富山県岐阜県愛知県以西の西日本では「○○谷」と呼ばれることが多い。つまり、「谷」と「」とは、同じ意味を表す方言どうしであった、という見方も可能である。例えば、谷川岳丹沢山とは、ともに谷あるいは沢の多い山を指す山名である。特に中間の富山県では、谷は比較的規模が大きく深く、沢は比較的規模が小さく浅い意味で用いられる。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 日本地形学連合 『地形の辞典』 朝倉書店、2017年、509頁。


関連項目編集