メインメニューを開く

谷川翔

日本の体操競技選手

谷川 翔(たにがわ かける、1999年2月15日 - )は、日本体操競技選手[1][2][3]。実兄の谷川航も同じ体操選手[3]

谷川 翔 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-02-15) 1999年2月15日(20歳)
生誕地 日本の旗 千葉県船橋市
身長 153cm
体重 51kg
得意種目 あん馬平行棒
所属 順天堂大学
学歴 船橋市立法田中学校[注 1]船橋市立船橋高等学校
テンプレートを表示

経歴編集

千葉県船橋市出身[3]。実兄、谷川航の影響で小学1年次から地元の健伸スポーツクラブで体操競技を始めた[1][3]。2013年の全国中学校体操選手権で個人総合優勝。船橋市立船橋高等学校在校中の2016年には、全日本ジュニア体操選手権で個人総合優勝を果たす[4]

2005年10月1日放送の『オールスター感謝祭'05秋 超豪華!クイズ決定版』にも出演し、国語が好きと言って登場した。

冨田洋之がコーチを務める順天堂大学に進学。2018年4月に開催された第72回全日本選手権では、内村航平白井健三を抑えて史上最年少(19歳2ヶ月)でチャンピオンとなった[1][2][3][5]

2019年4月、平成最後の大会となった第73回全日本選手権では、男子個人総合で2連覇を達成[6]。同年5月に開催された第58回NHK杯では、谷川航、萱和磨らの追い上げを振り切り初優勝、令和最初のチャンピオンとなった[7]

子役としてNHKの時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」(2007年放送)に主人公・柳生十兵衛村上弘明)の幼少時代で出演した過去を持つ[8]

主な競技成績編集

  • 2013年
    • 全国中学校体操選手権 - 個人総合:優勝
  • 2016年
    • 全日本ジュニア体操選手権 - 個人総合:優勝
    • リューキン国際招待 - 個人総合:優勝
  • 2017年
    • 全日本選手権 - 個人総合:22位
    • NHK杯 - 個人総合:28位
    • 東日本学生選手権 - 団体:優勝、個人総合:9位
    • 全日本種目別 - あん馬:4位
  • 2018年
    • 全日本選手権 - 個人総合:優勝
    • NHK杯 - 個人総合:4位
    • 東日本学生選手権 - 団体:優勝、個人総合:2位
    • 全日本種目別 - 平行棒:2位、あん馬:6位、ゆか:7位
    • 全日本学生選手権 - 団体:2位、個人総合:4位
    • アジア大会 - 団体:2位、個人総合:4位、ゆか:8位
    • スーパーファイナル - 個人総合:6位
    • 豊田国際 - 平行棒:2位、ゆか:6位
  • 2019年
    • 全日本選手権 - 個人総合:優勝(2連覇)
    • NHK杯 - 個人総合:優勝
    • 東日本学生選手権 - 団体:2位、個人総合:2位、ゆか:1位、平行棒:4位、つり輪:8位

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 学校に体操部がなかったため、小学校〜中学校まで健伸スポーツクラブに所属。

出典編集

  1. ^ a b c 谷川翔、史上最年少V!内村の11連覇阻止&白井にも勝った/体操”. sanspo.com (2018年4月30日). 2018年4月30日閲覧。
  2. ^ a b 19歳2か月 史上最年少優勝の谷川とは”. 日本放送協会 (2018年4月29日). 2018年4月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e 史上最年少V谷川翔、「憧れの人」横目に美の高スコア”. 朝日新聞 (2018年4月29日). 2018年4月30日閲覧。
  4. ^ 全日本ジュニア2016個人総合初優勝、谷川翔にインタビュー”. GymnasticsNews (2016年8月18日). 2018年4月30日閲覧。
  5. ^ 2018全日本体操個人、男子は谷川翔が初優勝、女子は村上茉愛が3連覇”. 日本体操協会 (2018年4月29日). 2018年4月30日閲覧。
  6. ^ 第73回全日本体操個人、男子は谷川翔が2連覇、女子は寺本が4年ぶり2度目の優勝”. 日本体操協会 (2019年4月28日). 2019年4月29日閲覧。
  7. ^ 第58回NHK杯体操、谷川翔が初優勝、国内2冠達成”. 日本体操協会 (2019年5月19日). 2019年5月20日閲覧。
  8. ^ 【体操】飛び出した19歳の新王者 谷川翔 Yahoo!ニュース 2018年4月30日

外部リンク編集