メインメニューを開く

豊嶋 房太郎(てしま ふさたろう、1889年明治22年)1月5日[1][2] - 1979年昭和54年)4月9日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。「豊島」と表記される場合がある[2][3]

豊嶋 房太郎
生誕 1889年1月5日
大日本帝国の旗 大日本帝国 山口県
死没 (1979-04-09) 1979年4月9日(90歳没)
日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1913 - 1943
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 陸軍中将
除隊後 日本傷痍軍人会会長
テンプレートを表示

目次

経歴編集

山口県出身[1][2][3]。農業・豊嶋鶴松の二男として生れる[1]防府中学校卒業を経て、1910年5月、陸軍士官学校(22期)を卒業し[2]、同年12月、歩兵少尉に任官、歩兵第42連隊付となる[1][4]1916年11月、陸軍大学校(28期)を卒業[1][2][3]

以後、陸軍兵器本廠付(軍事調査部)、陸軍省軍務局課員、フィリピン出張、欧州出張、歩兵第33連隊大隊長、整備局課員(統制課)、朝鮮軍司令部付などを経て、1934年3月、陸軍大佐に進級し歩兵第23連隊長に就任[1][3]第1師団参謀長を経て、1937年11月、陸軍少将に進級し留守第12師団司令部付となる[1][2][3]。歩兵第27旅団長、憲兵司令部総務部長を経て、1940年8月、陸軍中将に進み憲兵司令官に就任[1][2][3]。同年9月、第3師団長に親補され日中戦争に出征した[1][2][3]

1941年12月、留守近衛師団長として太平洋戦争を迎えた[1][2][3]1943年6月、近衛第1師団長となり、同年10月、第2軍司令官に発令され、ニューギニアの戦いなどで苦戦を続け、オランダ領東インドセレベス島終戦を迎えた[1][2][3]1946年3月に復員するが、同年5月、橘丸事件戦犯容疑で収容され、1948年4月13日、重労働3年の有罪判決を受けた(アメリカ・横浜裁判248号)[1]ニューギニアマヌス島で服役するが、オーストラリア・マヌス裁判第4号事件裁判では、1950年7月、無罪判決を受けた[1]1961年3月から1969年3月まで日本傷痍軍人会会長を務めた[1]

著作編集

  • 豊嶋房太郎他『濠北を征く - 思い出の記椰子の実は流れる』濠北方面遺骨引揚促進会、1956年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本陸海軍総合事典』第2版、109頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『日本陸軍将官辞典』500頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』275頁。
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』271、275頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。