赤木 洋勝(あかぎ ひろかつ、1942年昭和17年〉 - 2020年令和2年〉8月6日)は、日本の薬学者薬学博士公衆衛生環境衛生学の研究者。私設研究所「国際水銀ラボ」所長。

経歴編集

1942年鹿児島県枕崎市に生まれる。鹿児島県立枕崎高等学校卒業[1]1966年 岐阜薬科大学卒業、同大学院薬学研究科進学、1968年 同大学院薬学研究科修了(薬学修士)。1976年 薬学博士(岐阜薬科大学、学位請求論文『水圏における水銀化合物の光化学的変換』[2]

1968年厚生省入省、国立公衆衛生院(現国立保健医療科学院)。1976年 厚生省国立公衆衛生院主任研究官。カナダ国立科学研究所の客員研究員などを経て、1981年環境庁国立水俣病研究センター赴任[1]1992年 同国際総合研究部長。2001年水俣で開催された第6回国際水銀会議の組織委員長を務める[1]2004年 環境省国立水俣病総合研究センター退官、私設研究所「国際水銀ラボ」を設立[1]インドネシアブラジルタンザニア中国ベトナムスロベニアスウェーデンカザフスタンなどでの水銀分析技術研修や調査、共同研究等を行う[1]

業績編集

従来の水銀濃度分析手法を改良した「赤木法」主開発者として知られる[3]。2004年に環境省によって「水銀分析マニュアル[4][5]」として編集された。国際的には高い評価を得ており、様々な分野で用いられている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e ヘルシー・ソサエティ賞 赤木洋勝 2020年1月2日閲覧
  2. ^ 博士論文データベース
  3. ^ 国立水俣病総合研究センター
  4. ^ 水銀分析マニュアル
  5. ^ 環境省水銀分析マニュアル全文