メインメニューを開く

鉄道における軌道(きどう)とは、鉄道の線路のうち、路盤の上にある構造物を総称したもの。鉄道車両の走行を誘導する軌条(レール)、レールの間隔を一定に保つ枕木、レールおよび枕木を支え、走行する車両の重量を路盤に伝える道床などから構成される。

また日本の法律上における軌道は、軌道法1921年)・同法施行規則により敷設された路線またはその線路を指す。原則として道路に敷設されるもので、専用の線路敷をもつ狭義の「鉄道」と区別される。詳細は軌道法を参照。

構造物としての軌道編集

軌道には道床の構造によりいくつかの種類がある。

上記のうちバラスト軌道以外は狂いが生じない省力化軌道という。省力化軌道には他にも複数の種類がある。

また、通常の鉄道とは異なる特殊な軌道がある。

  • ラック式 - 急勾配を上り下りするため、ラックレールと呼ばれる歯型レールを使用した軌道。
  • インファンド工法 - 併用軌道において、コンクリートにレールを埋め込む軌道。
  • 札幌方式-札幌市営地下鉄において、コンクリート路盤に鉄板(もしくは樹脂)を敷き中央に案内軌条を設置する軌道。

関連項目編集

構造物としての軌道に関するもの
軌道法が適用される軌道に関するもの