メインメニューを開く

近藤 浩(こんどう ひろし、1961年1月31日 - )は、日本政治家介護福祉士衆議院議員(1期)、愛知県議会議員(2期)を務めた。

近藤 浩
こんどう ひろし
生年月日 (1961-01-31) 1961年1月31日(58歳)
出生地 愛知県名古屋市瑞穂区
出身校 滝高等学校
ノースイースタン大学政治学科中退
所属政党無所属→)
自由民主党→)
日本維新の会→)
維新の党→)
(無所属→)
日本維新の会
公式サイト 近藤ひろし 日本維新の会公認 全国比例区 元衆議院議員

選挙区 比例東海ブロック愛知4区
当選回数 1回
在任期間 2003年11月 - 2003年12月9日

選挙区 名古屋市南区選挙区
当選回数 2回
在任期間 1999年4月 - 2003年10月14日
テンプレートを表示

目次

来歴編集

愛知県名古屋市瑞穂区出身。名古屋市立高田小学校、名古屋市立瑞穂ヶ丘中学校卒業。1979年3月、私立滝高等学校卒業。1985年1月、ノースイースタン大学政治学科中退[1]

1990年2月18日に行われた第39回衆議院議員総選挙に、無所属旧愛知6区から立候補するも落選。

1999年4月11日に行われた愛知県議会議員選挙に、自由民主党公認で名古屋市南区選挙区から出馬し、初当選。

2003年4月13日に行われた県議選において2期目の当選。同年5月、愛知県議会副議長に就任する[2]。しかし同年10月14日、衆議院選挙に出馬するために県議を辞職。

2003年11月9日に行われた第43回衆議院議員総選挙に、自民党公認で愛知4区から立候補。民主党牧義夫に敗れるも、比例東海ブロックで復活し当選。しかし同年12月、公職選挙法違反容疑で逮捕され、衆議院議員を辞職。

2008年、名古屋市内でデイ・サービス・あいを開業。以降、ヘルパーサービスや介護施設を開設、取締役として経営している。

2012年12月16日に行われた第46回衆議院議員総選挙に、日本維新の会公認で比例東海ブロックの単独候補者(名簿順位は14位)として出馬するが[3]、落選。

2013年7月21日に行われた第23回参議院議員通常選挙に、日本維新の会公認で愛知県選挙区から出馬するも、定数3に対し候補者10名中5位で落選。

2014年に維新が結いの党と合流して維新の党が発足すると、党愛知県総支部総務会長に就任した[4]

2016年11月1日に日本維新の会衆院愛知4区支部長就任が発表され[5]、12月19日に日本維新の会愛知県総支部幹事長就任が発表された[6]

2017年9月、同年10月に行われる第48回衆議院議員総選挙に対し、健康上の理由で出馬を取りやめることを表明した[7]

不祥事編集

公職選挙法違反編集

2003年12月6日、元秘書に現金100万円を渡して票の取りまとめの依頼などの買収工作を行ったとして、公職選挙法違反の疑いで逮捕された。同法の買収容疑で現職の国会議員が逮捕されるのは極めて異例のことだった(過去には、1958年の選挙の際の高石幸三郎と、1996年の選挙の際の中島洋次郎らがいたのみ)[8]。12月9日、衆議院議員を辞職[9][10]

2004年6月9日、懲役2年・執行猶予5年の有罪判決が確定した[11][12]

脚注編集

  1. ^ プロフィール近藤ひろし 日本維新の会公認 全国比例区 元衆議院議員
  2. ^ プロフィール 近藤ひろし 日本維新の会公認 全国比例区 元衆議院議員
  3. ^ “維新が比例候補発表 東海は近藤氏、藤井氏”. 中日新聞. (2012年11月30日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012113090211733.html 2012年12月1日閲覧。 
  4. ^ 所属メンバー | 維新の党 愛知県総支部
  5. ^ “衆院選で4人公認=維新”. 時事ドットコム. (2016年11月1日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110100664&g=pol 2017年2月1日閲覧。 
  6. ^ “維新県総支部が発足 井上代表「全選挙区に候補を」”. 中日新聞. (2016年12月20日). オリジナルの2016年12月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161220225436/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20161220/CK2016122002000052.html 
  7. ^ “4区、維新・近藤さん不出馬へ」”. 中日新聞. (2017年9月26日). オリジナルの2017年10月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20171014135149/http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/shuin2017/aic/CK2017092602000223.html 
  8. ^ 近藤浩衆議院議員を逮捕 比例東海復活初当選 買収容疑で 『毎日新聞』2003年12月7日付朝刊、14版、1面、31面。
  9. ^ 近藤浩議員が辞職 選挙違反事件 『毎日新聞』2003年12月10日付朝刊、14版、5面。
  10. ^ “自民・近藤浩議員 買収で逮捕”. 中京テレビ. (2003年12月6日). http://www.ctv.co.jp/photocal/window/20031206.html 
  11. ^ “近藤元議員の有罪確定 控訴せず”. 47NEWS 共同通信. (2004年6月9日). http://www.47news.jp/CN/200406/CN2004060901001530.html 2013年6月30日閲覧。 
  12. ^ “選挙:参院選・愛知選挙区 維新、近藤氏擁立へ 県支部と午後調整”. 毎日新聞. (2013年6月10日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20130610ddh041010008000c.html 2013年6月12日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集