近藤 龍徳(こんどう たつのり、1991年1月20日 - )は競輪選手愛知県名古屋市[1]出身。日本競輪学校第101期卒業。日本競輪選手会愛知支部所属。師匠は鰐渕正利(65期)。

戦績編集

近藤幸男(9期)- 祖父、近藤幸徳(52期) - 父、近藤賢治(53期) - 叔父 近藤良太(93期) - 兄 という競輪一家に生まれ育つ(祖母も女子競輪選手だった[2][3])。

自転車部の特待生として入学した[2]岐阜第一高等学校時代の2007年高校総体のケイリン[4]、チームスプリント[5]でそれぞれ優勝。また、これら一連の実績が讃えられ、岐阜県民栄誉賞を受賞。

その後日本競輪学校に技能試験合格して入学。在校競走成績は6位(11勝)。

2012年7月10日一宮競輪場でデビューし2着。初勝利は同年7月11日の同場。

2014年、1月からS級2班に昇進[6]。年末のGIIヤンググランプリ岸和田競輪場)優勝。

2015年、GIIサマーナイトフェスティバル函館競輪場)優勝。

2016年2月4日にFI初優勝(名古屋競輪場[7]第69回日本選手権競輪(名古屋競輪場)でGI初出場。続く第70回日本選手権競輪静岡競輪場)にてGI初優出[8](5着)。

エピソード編集

  • 上記のヤンググランプリにおける優勝賞金500万円を、わずか2か月で使い果たした[9]

脚注編集

外部リンク編集