連邦直轄地

連邦直轄領から転送)

連邦直轄地(れんぽうちょっかつち、Federal district)とは、国の行政区画の種類の1つで、その国の連邦政府により直接管理される。

アメリカ合衆国編集

 
コロンビア特別区(ワシントンD.C.

アメリカ合衆国連邦政府首都機能は「コロンビア特別区」としても知られる連邦直轄地ワシントンD.C.にある。連邦政府はこの他に、首都とは無関係のいくつかの"連邦直轄地"を持っている。

オーストラリア編集

ラテンアメリカ諸国編集

 
アルゼンチン首都特別区(ブエノスアイレス

以下の連邦区(あるいは連邦直轄区)は、スペイン語とポルトガル語でDistrito Federal(略称:D.F.、英語:Federal District)と呼ばれる。

マレーシア編集

マレーシア連邦直轄領(Federal Territory、マレー語:Wilayah Persekutuan)とは、連邦政府によって直接統治されるクアラルンプール(首都)、プトラジャヤ(連邦政府行政地区)、そしてラブアン島(国際オフショア金融センター(OFC))の3つの領土を指す。

インド編集

 
アンダマン諸島(インド)

インド連邦直轄領Union Territory)とは、連邦政府によって直接統治されるデリー首都圏および、アンダマン・ニコバル諸島チャンディガールダードラー及びナガル・ハヴェーリーダマン・ディーウラクシャディープ諸島ポンディシェリの7つの地方行政区画を指す。

このほか、ジャンムー・カシミール州が2019年10月31日付けで連邦直轄領となる予定[1]

その他編集

ロシア連邦連邦管区(Federal districts)は、連邦全体と各行政区分との間の付加的な管理層として機能している。ただし首都を中心とした領土としての機能は持たない。

他の行政形態における直轄地編集

脚注編集

関連項目編集