メインメニューを開く

遠山秀友

美濃国苗木藩の第2代藩主
遠山秀友

遠山秀友(とおやま ひでとも、1609年12月2日慶長14年11月6日) - 1642年2月6日寛永19年1月7日))は、美濃国苗木藩の第2代藩主。

初代藩主・遠山友政の長男。正室は皆川隆庸の娘。継室は大納言滋野井季吉の娘。子に遠山友貞(長男)、娘(滋野井教広室)。官位は従五位下、刑部少輔。

苗木にて生まれる。通称は刑部。慶長19年(1614年)、将軍徳川秀忠にお目見えする。元和5年(1619年)12月19日に父が死去したため、翌元和6年(1620年)5月に家督を継いだ。大坂城番や江戸城本丸の奥の間普請などで功を挙げた。寛永19年(1642年)正月7日、苗木にて死去した。享年34。跡を長男の友貞が継いだ。

墓所は中津川市苗木の雲林寺(明治初期に廃仏毀釈により廃寺となった)。