メインメニューを開く

郷司 裕(ごうし ひろし、1932年昭和7年)1月19日[1] - 2006年平成18年)12月12日[2])は、日本の野球審判。元日本学生野球協会常任理事。

郷司 裕
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1932-01-19) 1932年1月19日
没年月日 (2006-12-12) 2006年12月12日(74歳没)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2017年
得票率 85.7%(14票中12票)
選出方法 特別表彰

人物編集

北海道出身。旧制明治中学校(現:明治大学付属明治高等学校・中学校)時代、野球部監督であった島岡吉郎から球審を勧められ、明治大学卒業後にアマチュア野球審判員となり、半世紀余りを高校、大学、社会人の各大会で2,000を越える試合でマスクをかぶった。特に、夏の甲子園では決勝戦の球審を13回務め、1965年1975年まで実に春夏通算11年連続決勝戦の球審を務めた

俳優の高倉健は大学時代の同期である。

審判員引退後は日本高等学校野球連盟にて審判規則委員や理事などを務めた[2]

2006年平成18年)12月12日、肺炎のため死去[2]。74歳没。

2017年度の野球殿堂特別表彰部門表彰者に選出された[3]

担当した主な試合編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集