メインメニューを開く

都会の天使たち』(とかいのてんしたち)は、1992年3月11日に発売された堀内孝雄桂銀淑のデュエット曲である。発売元は東芝EMI

都会の天使たち
堀内孝雄&桂銀淑シングル
A面 都会の天使たち
B面 絵になる夜の物語
リリース
規格 8cm CD
ジャンル 演歌・歌謡曲
ニューアダルトミュージック
時間
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 作詞: 荒木とよひさ
作曲: 堀内孝雄
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 33位(オリコン
  • 堀内孝雄 年表
    遠き日の少年
    (1991年)
    都会の天使たち
    (1992年)
    影法師
    (1993年)
    桂銀淑 年表
    未来女
    (1991年)
    都会の天使たち
    (1992年)
    アモーレ 〜はげしく愛して〜
    (1993年)
    テンプレートを表示

    目次

    概要編集

    • テレビ朝日系ドラマ『はぐれ刑事純情派』の主題歌に起用された。
    • 堀内、桂共にこの年はソロでのシングルを発表しておらず、1年間この曲を2人で歌い続けた。オリコン・シングルチャートでは100位内に44週ランクインするロング・ヒットとなった。
    • 累計売上は50万枚[1]
    • 同年5月1日と9月4日には、テレビ朝日系列『ミュージックステーション』に出演し、この曲を披露している。以後、演歌系歌手が同番組に出演することは原則としてなくなった。
    • この年の『第43回NHK紅白歌合戦』には2人がそれぞれ紅組、白組で選出されており、紅白の垣根を超えてこの曲を2人で歌唱した。デュエット曲の場合は紅・白どちらかに組み入れられるのが通例であったが、2人が紅白常連であったことが考慮され、異例の形での出場・歌唱となった。

    カバー編集

    • 1993年、堀内本人が次のシングル『影法師』のB面においてソロバージョンとしてカバーしている。こちらはキーが二回り以上低い。
    • 2004年、藤田まことが次女のEMIKO(原田絵美子)とデュエットし、アルバム『はぐれ刑事純情派主題歌セレクション』に収録。
    • 2010年、「黄昏の天使たち」の曲名で歌詞を一部変更して湯原昌幸荒木由美子夫妻がカバーした(作詞は原曲と同じ荒木とよひさ)。

    収録曲編集

    1. 都会の天使たち
    2. 絵になる夜の物語

    脚注編集

    1. ^ 産経新聞』1993年8月12日付東京夕刊。

    関連項目編集