鄭 夢周(チョン・モンジュ、てい むしゅう、至元3年12月22日1338年1月13日) - 洪武25年4月4日1392年4月26日))は、高麗末の儒学者。号は圃隠(ポウン)。本貫は延日[1]

鄭夢周
Goryeo-Portrait of Jeong Mongju-02.jpg
肖像画
各種表記
ハングル 정몽주
漢字 鄭夢周
発音: チョン・モンジュ
日本語読み: てい むしゅう
ローマ字 Chong Mong-ju
テンプレートを表示

永州に生まれる。朱子学を学び、科挙状元で及第した。高麗末の内憂外患の中、軍人李成桂らとともに女真倭寇(前期倭寇)の征伐に参加し、功績を立てる。1377年には日本に赴き、室町幕府の九州探題である今川貞世(了俊)と折衝にあたる。

1388年、李成桂がクーデターを起こし政権を掌握すると、彼とともに新王の恭譲王を支えたが、禅譲を受けて李氏朝鮮を開こうとする李成桂と対立したため、李成桂の子の李芳遠の手により開京の善竹橋で暗殺された。

鄭夢周は教育にも力を注いで多くの弟子を育成したので、のちに「東方理学之祖」と称えられた。

脚注編集

  1. ^ 연일 정씨(延日鄭氏) - 부산역사문화대전”. busan.grandculture.net. 2022年8月6日閲覧。

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、鄭夢周に関するカテゴリがあります。