メインメニューを開く

酒井 重澄(さかい しげずみ)は、江戸時代前期の大名下総生実藩主。飛騨高山藩2代藩主金森可重の七男。

 
酒井重澄
時代 江戸時代前期
生誕 慶長12年(1607年
死没 寛永19年9月29日1642年10月22日
墓所 広島県福山市西町1-11-8 龍淵寺(廃寺)墓地
官位 従五位下、山城
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
下総国生実藩
氏族 金森氏酒井氏
父母 父:金森可重、母:名護屋高久の娘
兄弟 金森重近金森重次金森重頼金森可次金森重勝金森重義重澄末次平蔵室、則生院某室、小出三尹継室
正室:井上正就の娘
重知
テンプレートを表示

元和8年(1622年)、徳川秀忠に拝謁する。のち徳川家光小姓となり堀田正盛とともに寵愛を受け、その命で酒井忠勝の家号を称するようになり、下総国生実に2万5000石を与えられた(下総国関宿等3万石との説もあり)。

病気で屋敷で静養しているのにもかかわらず、4子をもうけたことから家光の勘気を受け、寛永10年(1633年)勤務怠慢との理由で改易となった。備後福山藩水野勝成にお預けとなり、寛永19年(1642年)に食を断って自殺した。享年36。自らの境遇を恥じたためといわれている。

長男の重知も重澄に連座して伯父の飛騨高山藩3代藩主金森重頼にお預けとなったが、承応2年(1653年)に許され、翌年2000俵を給され、子孫は2000石の旗本として存続した。