メインメニューを開く

金森 重頼(かなもり しげより、慶長元年(1596年)- 慶安3年閏10月7日1650年11月30日))は、飛騨高山藩3代藩主。

 
金森重頼
Kanamori Shigeyori.jpg
龍源院所蔵
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 慶長元年(1596年
死没 慶安3年閏10月7日1650年11月30日
別名 左兵衛
戒名 真龍院殿瑞雲宗祥大居士
墓所 京都府京都市北区紫野大徳寺
官位 従五位下長門守出雲守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
飛騨高山藩
氏族 金森氏
父母 父:伊東治明[1]養父:金森可重
母:名護屋高久の娘
兄弟 重近(宗和)重次重頼可次重勝(左京)重義酒井重澄、娘(末次平蔵室)、娘(則生院某室)、娘(小出三尹継室)
正室:内藤清次の娘
頼直、重光、従純[注釈 1] 、重照、重直、範明[注釈 2]、可俊[注釈 3]、重利[注釈 4]、重秀
娘(織田長頼正室)、娘(織田長定正室)、娘(亀井茲政正室)、娘(木下利貞正室)、 娘(小出有棟継室)、娘(榎並某室)、娘(沼間清芳室)、 娘(榎並某室)、娘(山下氏憲室)
テンプレートを表示

生涯編集

重頼は、伊東治明の子として生まれ[2]、幼少期から徳川家康の左右に侍し、慶長18年(1614年)に長門守に任ぜられる。大坂の役の後、可重の跡を継いだ重頼は祖父と父の築き上げてきた高山の藩政に力を注ぎ、新田開発や銀山の開発など、名君として誉れ高い。元和元年(1615年)の一国一城令に際しては古川の増島城、萩原の萩原諏訪城を廃して旅館と称する陣屋とし藩主の通行の際などに利用した。また、同年自らの襲封に際しては父可重の遺品の茶壺「雲山肩衝」を将軍秀忠に献上しているが同3年(1617年)に天下の名物であるから自家に秘蔵するようにと返された。元和5年(1619年)には出雲守に任ぜられた。寛永の大飢饉の際には、前述の「雲山肩衝」を丹後国宮津藩京極高広に金3000両で売却し、藩士・農民の救済にあてた逸話も伝わっている。将軍参内や日光東照宮参拝などには常にこれに従い、松平忠輝加藤光広など取り潰しになった大名の身柄を預かるなど、幕府内での信頼も高かったようである。

金森家代々と同じく茶の湯に秀で、和歌連歌もたしなんだという風流人でもあった。慶安3年(1650年)閏10月7日、55歳で死去し、跡を頼直が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 『断家譜』『金森家譜』に記述がある。実は金森長近の実孫。
  2. ^ 『断家譜』『金森家譜』に記述がある。実は金森長近の実孫。
  1. ^ 後に真宗大谷派高山別院照蓮寺15世を継ぎ宣心と称する。
  2. ^ 家禄300俵の旗本となったが後に断絶している。
  3. ^ 家禄300俵の旗本となった。
  4. ^ 3000石の旗本となったが18歳で没し嗣子なく断絶した。

参考文献編集

  • 『岐阜県史通史編 近世上』 岐阜県、1968年、538頁-540頁