メインメニューを開く

金森 可重(かなもり ありしげ / よししげ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名飛騨国高山藩2代藩主。従五位下出雲守

 
金森可重
Kanamori Arishige.jpg
龍源院所蔵
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄元年(1558年
死没 元和元年閏6月3日1615年7月28日
別名 喜蔵(通称)
墓所 京都府京都市北区紫野大徳寺
官位 従五位下出雲守
幕府 江戸幕府
主君 織田信長豊臣秀吉徳川家康秀忠
飛騨国高山藩藩主
氏族 長屋氏長江氏支流)→金森氏
父母 父:長屋景重
養父:金森長近
正室:遠藤慶隆の娘、継室:名護屋高久の娘、江馬輝盛の娘
重近(宗和)重次重頼可次[注釈 1]重勝(左京)重義酒井重澄、娘(末次平蔵室)、娘(則生院某室)、娘(小出三尹継室)

目次

生涯編集

永禄元年(1558年)、美濃国板取城主・長屋景重の子として誕生。通称は喜蔵。

天正10年(1582年)、本能寺の変において織田氏の家臣・金森長近の長男が戦死したため、その養子に迎えられた。天正13年(1585年)、養父・長近と共に飛騨平定戦に活躍し、従五位下・出雲守に任官し、飛騨増島城1万石の城主となる。後に豊臣秀吉に従い佐々成政姉小路頼綱らを討つなど、長近の飛騨国支配に貢献した。九州征伐小田原征伐文禄・慶長の役会津征伐にも長近とともに従軍。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは東軍に付き、西軍の稲葉貞通が籠城する郡上八幡城を岳父・遠藤慶隆とともに攻めた(八幡城の合戦)。養父の死後には飛騨高山3万8千石を知行し、飛騨一国を領した。

また、長近と同じく茶の湯に秀で、古田重然に師事した。江戸幕府2代将軍徳川秀忠の茶道指南役を務め、吉野竹林院にて開かれた利休亡魂の茶会にも石川貞清らと共に参加している。また、伊達政宗とも親交が有りしばしば和歌の応答、文通をしている。

慶長16年(1611年)、徳川家康山漆草(その葉は三七)を献上している[1]

大坂の陣にも四男・可次と五男・重勝を伴って出兵し[注釈 2]岸和田藩主・小出吉英の加勢となって、樫井の戦いで西軍を撃退し、金森勢が挙げた首は152とも208ともいわれている。この戦いで東軍に参加することを拒んだ長男の重近を廃嫡し、三男の重頼に家督を譲る。

元和元年(1615年閏6月3日、58歳で伏見にて死去。法号は徳応院殿雲峰閑公。墓所は京都市北区紫野の大徳寺。大徳寺龍源院に「天正十一年九月九日喜蔵とりつき」と刻字された古銃が残されている。養父・長近所有とされたこの銃は、現存する国産火縄銃の中では最も古い部類に入る。

家督は三男・重頼が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 宮本義己「徳川家康と本草学」(笠谷和比古編『徳川家康―その政治と文化・芸能―』宮帯出版社、2016年)
  1. ^ 可次は元和元年(1615年)兄重頼の所領の内3000石を分知されたが元和3年(1617年)没して嗣子なく断絶した。
  2. ^ 次男重次は将軍徳川秀忠の元にあり、三男重頼も徳川家康に従っていたためである。

参考文献編集

  • 『岐阜県史通史編 近世上』 岐阜県、1968年、536頁-538頁

関連項目編集