醍醐聰

日本の会計学者
醍醐聡から転送)

醍醐 聰(だいご さとし、1946年 - )は、日本会計学者。専門分野は財務会計東京大学名誉教授。妻は歌人内野光子

人物・来歴 編集

兵庫県出身。1965年兵庫県立篠山鳳鳴高等学校卒業、1970年京都大学経済学部卒業。1974年、同大学院経済学研究科博士課程中退。1982年、「公企業会計の研究」で経済学博士(京都大学)。名古屋市立大学経済学部助教授、京都大学経済学部助教授東京大学経済学部助教授、1996年に東京大学大学院経済学研究科教授、2010年に同定年退職。東京大学名誉教授。

長距離マラソンを趣味とする[1]。また1989年から千葉県佐倉市に住み、住みよい佐倉市をつくる会会員。

研究テーマ 編集

金融機関公共部門における会計基準・会計情報の役割に関する研究。

活動 編集

NHK受信料支払い停止運動の会、共同代表。市民団体「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」共同代表。「開かれたNHKをめざす全国連絡会」に参加。

「開かれたNHKをめざす全国連絡会」はNHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」の問題について「不当な圧力に動揺することなく、番組づくりのために努力を積み重ねてほしい」とする要望書を平成21年(2009年)7月7日NHKに提出した[2]

テレビドラマ「坂の上の雲」について「『坂の上の雲』放送を考える全国ネットワーク」などは放送に先立つ平成21年(2009年)11月26日、原作には「歴史認識に誤り」があるとしてNHKに対し訂正と補足が必要だとする申入れを行った。呼掛け人の醍醐聰は会見で「NHKは深刻な問題を扱っているという認識がない」としてNHKを批判した[3]

公的委員会活動等 編集

NTT接続料等を扱う総務省情報通信審議会の「新たな料金制度の運用等の在り方に関する研究会」座長代理を務めたが、2003年1月の任期切れのさいに、慣例に反して委員に再任されなかった[1]。また、2003年から「長野県」調査委員会委員をつとめたが、田中康夫知事とのいきさつから辞任した[4]

その他活動 編集

  • 森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 呼びかけ人

著書 編集

共著 編集

編著 編集

脚註 編集

  1. ^ a b NTTの「ご意見番」からはずれた東大大学院教授・醍醐聡さん『朝日新聞 朝刊ひと欄、経済部宮崎太介記者』2003年2月2日
  2. ^ 台湾“偏向”特番でメディア研究者らがNHKを擁護産経新聞平成21年(2009年)7月7日
  3. ^ NHK「坂の上の雲」に申し入れ 有識者指摘、原作の認識誤り共同通信平成21年(2009年)11月26日
  4. ^ 審議会は知事の親衛隊か『朝日新聞長野版』2004年5月26日

外部リンク 編集