メインメニューを開く

野獣都市』(やじゅうとし)は、大藪春彦ハードボイルド小説

目次

ストーリー編集

 
有間と小夜子。アサヒ芸能連載時の大塚清六による挿絵。(1962年)

天涯孤独ではあるが恵まれた容姿と頭脳を持つ野望を秘めた大学院生・有間靖浩が、暗い過去を持つ化学メーカー社長・石浜と知り合い、彼を助けながらその娘を手籠めにして利用し、彼女の嫁ぎ先になる大企業の乗っ取りを企むが、最後は志半ばに破滅を迎える。

映画編集

1970年東宝にて映画化された。大学院生・有間に黒沢年男、社長・石浜に三國連太郎、その娘・高橋紀子という配役。原作とは違い、孤独な有間が石浜に対し父親に対する慕情のようなものを抱いていく内容である。

スタッフ編集

キャスト編集