メインメニューを開く

石松 愛弘(いしまつ よしひろ、1932年6月1日 - )は、日本脚本家小説家

経歴編集

福岡県飯塚市に生まれ、大牟田市に育つ。福岡県立宗像高等学校東京大学文学部美学美術史学科卒。大学在学中から東宝シナリオ研究会に所属。卒業後大映に入社し、白坂依志夫舟橋和郎増村保造らに師事。

1960年弾痕街の友情』でデビューし、1962年に大映と脚本家契約をする。

以来、テレビと映画の別なく骨太なハードボイルド、任侠作品を数多く執筆し、大映のみならずカラーの異なる東宝東映日活といった各社でも活躍。

1971年、大映の倒産とともにフリーとなる。

フリー以降は様々なジャンルの作品のシナリオを手がける傍ら「宗方翔」「宗方寿郎」という別名義でシナリオや小説も書いている。

小説の処女作は島原の乱を描いた『葬神』(宗方名義)。

映画監督池広一夫は義兄。

主な作品編集

外部リンク編集