野獣類(やじゅうるい、Ferae)は哺乳類クレードの一である。カール・フォン・リンネが1758年に『自然の体系』第10版で提唱した。 四肢動物の下位分類として、霊長類(Primates)、鈍獣類(Bruta)、吻獣類(Bestiae)、ヤマネ類(Glires)、畜獣類(Pecora)、蹄獣類(Belluae)、鯨類(Cete)とともに位置付けられた。野獣類の下位分類としては、海豹属(Phoca)、犬属(Canis)、猫属(Felis)、麝香猫属(Viverra)、貂属(Mustela)、熊属(Ursus)を属せしめた。現在のネコ目と相当程度一致する。センザンコウは、リンネの時代には十分に知られておらず、分類が与えられなかった。

野獣類
Ferae.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : ローラシア獣上目
階級なし : 野獣類
学名
Ferae
Linne1758

19世紀以後はネコ目の分類が定着したが、野獣類はネコ目の形式的な上位分類として使用され続けた。例えば1945年のシンプソンの分類[1]では、目の上位クレードとして近蹄類(Paenungulata)、原蹄類(Protungulata)などとともにネコ目1目が属する野獣類が置かれている。

古生物学的見地からネコ目に加えて鱗甲目を野獣類に属せしめる主張はすでに20世紀初に出ていたが [2]、センザンコウは主に食性に着目され、虫を常食するアルマジロツチブタとともに貧歯類に長年分類されてきた。しかし20世紀末ごろに分子生物学が発達して急速に生物分類の再構が進むと、遺伝子上の2目の近縁性が確認されるとともに、化石哺乳類である肉歯目との類似性にも着目され、1997年にマッケナ/ベル分類に採用されたことにより、3目の上位クレード名称としての野獣類が定着した。

また、キモレステス目を共通祖先とするグループであると考える説もある。[3]

化石証拠のほとんどが始新世で途絶えており、共通祖先の形態は明らかとなっていない。20世紀半ばまでは発掘環境の良好な北米での化石証拠に頼っていたため、野獣類は北米を発祥とし、新生代以後に各地に放散したとする見解が有力であった。しかし、20世紀後半にメッセル採掘場の大発見があり、始新世時点でヨーロッパにも北米と類似の野獣類が生息していたことが明らかとなったことから、ローラシアが分裂するジュラ紀-白亜紀の時点である程度の野獣類の分化が進んでいた可能性もある。

脚注編集

  1. ^ Simpson,G.G.(1945) The principles of classification and a classification of mammals.Bull. Amer. Mus. Nat. Hist. 85:1-350.
  2. ^ MATTHEW , W.D. (1915). "A revision of the lower Eocene Wasatch and Wind River faunas. Part 1. Order Ferae (Carnivora). Suborder Creodonta." Bulletin of the American Museum ofNatural History
  3. ^ Halliday, Thomas J.D.; Goswami, Anjali (2013), “Testing the inhibitory cascade model in Mesozoic and Cenozoic mammaliaforms”, BMC Evolutionary Biology 13 (79), doi:10.1186/1471-2148-13-79, http://www.biomedcentral.com/1471-2148/13/79