メインメニューを開く

金 三純(キム サムスン、朝鮮語: 김삼순1909年2月3日 - 2001年12月11日)は、大韓民国生物学者。

経歴編集

大韓帝国全羅南道潭陽郡昌平面生まれ。1929年京畿高等女学校朝鮮語版卒業。1933年3月、東京女子高等師範学校理科選科修了。のち東京女子高等師範学校研究科を経て、1941年4月、北海道帝国大学理学部植物学科入学。糸状菌における亜硝酸塩の吸収に関する研究で卒業論文を提出、1943年9月、北海道帝国大学理学部植物学科卒業(理学士)。同年12月21日、北海道帝国大学大学院(応用菌学専攻)に入学、農学部農芸化学科教授半澤洵のもとで応用菌学を専攻した。その後菌学者となり、1966年九州大学で農学博士号を取得した。

1968年-1974年ソウル女子大学校教授。1972年-1976年、韓国菌学会会長。1976年、韓国菌学会名誉会長。1976年-1981年、韓国学術院会員。1981年、韓国学術院名誉会員[1]

甥に政治家李会昌がいる。夫と3人の兄弟は、いずれも国会議員を務めた。

論文編集

  • 博士論文 " Photoinactivation of Taka-amylase A " (「タカアミラーゼAの光不活性化反応」)九州大学 農学博士 乙第362号 1966年7月12日
  • 「タカラアミラーゼAの光不活性化」『日本農芸化学会誌』39(1)、1965年1月
  • リボフラビンによるタカアミラーゼAの光増感不活性化反応」『日本農芸化学会誌』40(2)、1966年2月
  • 紫外線によるタカアミラーゼAの不活性化反応」『日本農芸化学会誌』40(2)、1966年2月

脚注編集

  1. ^ 山本美穂子 「北海道帝国大学へ進学した東京女子高等師範学校卒業生たち」北海道大学大学文書館年報』2011年3月31日 pp.62-63