メインメニューを開く
金井正夫

金井 正夫(かない まさお、1892年明治25年)2月14日[1] - 1979年昭和54年)10月4日[2])は、日本の政治家裁判官弁護士衆議院議員和歌山県知事。旧名、当央。

目次

経歴編集

鹿児島県において金井当説の五男として生まれる[3]1915年に正夫と改名[3]1919年京都帝国大学法学部英法科を卒業。司法官試補となり、以後、予備判事、大阪地方裁判所兼大阪区裁判所判事を歴任[2]。また、関西大島郡人会を創立し会長となる[3]1923年から12年間にわたり関西大学講師として務めた[3]

1928年、判事を退官し弁護士となる[3]1932年2月、第18回衆議院議員総選挙に鹿児島県第三区から立憲政友会の所属で出馬して当選。その後、第21回総選挙まで連続4回の当選を果たした[2]

1934年に東京で弁護士を開業。第1次近衛内閣鉄道参与官、国際観光委員、司法省委員、大政翼賛会調査委員などを歴任[3]

1946年1月、和歌山県知事に就任するが、第21回総選挙で大政翼賛会推薦候補であったため、同年6月に公職追放となり知事を辞任した[3]

追放解除後の1954年、奄美諸島復帰による衆議院議員補欠選挙奄美群島選挙区から立候補したが落選した[4]。翌年の第27回衆議院議員総選挙に同選挙区から日本民主党公認で再び立候補したが落選した。

著書・編著編集

  • 『実例和議手続詳解』巌松堂書店、1927年。
  • 『実例破産手続詳解』巌松堂書店、1927年。
  • 編著『衆議院議員・府県会議員・市町村会議員選挙関係法令並様式 : 新旧対照』巌松堂書店、1935年。
  • 編『奄美大島復帰運動回顧録』金井正夫、1966年。

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、32頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』176頁。
  3. ^ a b c d e f g 『新編日本の歴代知事』749頁。
  4. ^ 『朝日選挙大観』567頁。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。