金原亭龍馬

日本の落語家

金原亭 龍馬(きんげんてい りょうま、1972年10月6日 - )は、日本の落語家である。落語協会所属の真打。出囃子は、すととん節。紋は、鬼蔦、または裏梅。

金原亭きんげんてい 龍馬りょうま
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}金原亭(きんげんてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}龍馬(りょうま)
金原亭龍馬の定紋のひとつ「鬼ツタ」
本名 平井ひらい 健太郎けんたろう
生年月日 (1972-10-06) 1972年10月6日(48歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県千葉市
師匠 金原亭伯楽
名跡 1. 金原亭小駒(1997年 - 2013年)
2. 金原亭龍馬(2013年 - )
出囃子 すととん節
活動期間 1997年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
公式サイト 金原亭龍馬
受賞歴
2008年 第7回さがみはら若手落語家選手権日本文化情報会賞

2009年 第8回さがみはら若手落語家選手権日本文化情報会賞

備考
古今亭菊生の定紋のひとつ「裏梅」

来歴編集

1972年10月6日千葉県千葉市出身[1][2]日本大学経済学部に入学し[2]、学生時代は落語研究会(日本大学経商法落語研究会)に所属した。

大学を卒業後、1997年4月金原亭伯楽に入門する[2]。前座名は、小駒(ここま)。同年、上野鈴本演芸場で初高座をつとめた。2000年、二ツ目に昇進する[1]2008年2009年にはさがみはら若手落語家選手権日本文化情報会賞を受賞。2013年川柳つくし三遊亭天どん4代目三遊亭金朝柳家喬志郎とともに真打に昇進し[3]「龍馬」と改名した[1]。趣味は、銭湯めぐり、ツーリング、三味線など。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 金原亭龍馬(落語協会)”. 2016年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c ぷろふぃーる(金原亭龍馬自主サイト)”. 2016年7月28日閲覧。
  3. ^ 落語協会真打ち5人が勢揃い「スペース・ゼロ新春寄席」(お笑いナタリー)”. 2016年7月28日閲覧。

外部リンク編集