金子 修(かねこ おさむ、1962年昭和37年〉9月3日 - )は、日本裁判官検察官法務官僚最高検察庁検事東京高等裁判所判事等を経て、法務省民事局長。

人物編集

千葉県出身。1988年(昭和63年)、東京大学法学部を卒業する。1990年平成2年)、判事補となる[1]

2012年(平成24年)、法務省民事局民事法制管理官に就任する[2]

2014年(平成26年)、法務省大臣官房審議官に就任する[3]

2018年(平成30年)、最高検察庁検事、法務省大臣官房政策立案総括審議官に就任する[4][5]

2019年令和元年)、東京高等裁判所判事東京簡易裁判所判事に就任する[5][6]

2019年(令和元年)、法務省大臣官房司法法制部長に就任する[1]

2021年(令和3年)、法務省民事局長に就任する[1]

編著編集

  • 金子修『一問一答非訟事件手続法』商事法務(2012年)
  • 金子修『一問一答家事事件手続法』商事法務(2012年)
  • 金子修『逐条解説・家事事件手続法』商事法務(2013年)
  • 金子修『逐条解説・非訟事件手続法』商事法務(2015年)
  • 金子修『一問一答・国際的な子の連れ去りへの制度的対応 : ハーグ条約及び関連法規の解説』商事法務(2015年)
  • 金子修・山本和彦松原正明『講座実務家事事件手続法 上,下』日本加除出版(2017年)

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c 法務省民事局長に金子氏”. 日本経済新聞社 (2018年4月1日). 2021年7月16日閲覧。
  2. ^ 人事、法務省”. 日本経済新聞社 (2012年1月17日). 2021年7月16日閲覧。
  3. ^ 人事、法務省”. 日本経済新聞社 (2018年4月1日). 2021年7月16日閲覧。
  4. ^ 人事、法務省”. 日本経済新聞社 (2018年4月1日). 2021年7月16日閲覧。
  5. ^ a b 2019.1.18付 最高裁人事”. ウエストロー・ジャパン (2019年1月18日). 2021年7月16日閲覧。
  6. ^ 2019.7.16付 法務省人事”. ウエストロー・ジャパン (2019年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
先代:
小出邦夫
法務省司法法制部長
2019年 - 2021年
次代:
竹内努
先代:
小出邦夫
法務省民事局長
2021年 - 
次代: