メインメニューを開く

金子 守(かねこ まもる、1950年2月17日 - )は日本のゲーム理論家経済学者理学博士(情報科学)[1]。専門はゲーム理論経済学認識論理学社会正義論。早稲田大学教授。東京都生まれ。

金子 守
生誕 (1950-02-17) 1950年2月17日(69歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
研究機関 早稲田大学
研究分野 ゲーム理論
母校 東京工業大学
学位 理学博士
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

2009年よりEconometric Societyフェローを務める[2]

目次

学歴編集

  • 1972年 - 東京工業大学卒業
  • 1974年 - 東京工業大学大学院修士課程修了
  • 1979年 - 理学博士(情報科学)、東京工業大学[1]

職歴編集

所属編集

著書編集

単著編集

  • 『ゲーム理論と蒟蒻問答』(日本評論社、2003年)
    • 古典落語の演目「蒟蒻問答」を引き合いに出し、人間の共通認識の“危うさ”の観点からゲーム理論を解説[6]
  • Game Theory and Mutual Misunderstanding (Springer, 2004)
  • 『ゲーム論家の酔夢譚:詩の饗宴』(勁草書房、2006年)
  • 『社会正義-地界で考える 』(勁草書房、2007年)
  • 「地球時代の社会経済思想」(日本評論社、『経済セミナー』2008年12月号、45-52頁)

代表的な論文編集

  • Mamoru Kaneko (1977). “The ratio equilibrium and the core of the voting game G(N,W) in a public goods economy”. Econometrica 45 (7): 1589—1594. doi:10.2307/1913951. 
  • Mamoru Kaneko; K. Nakamura (1979). “The Nash social welfare function”. Econometrica 47 (2): 423—435. doi:10.2307/1914191. 

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 博士論文 『The ratio equilibria and the cores of voting games in a public goods economy (公共財経済の比率均衡と投票ゲームのコア)』 - 博士論文書誌データベースより。
  2. ^ a b Fellows of the Econometric Society, Econometrica 78:4, 1457–1487, 2010. doi:10.3982/ECTA784FES
  3. ^ 2011年の改組により、研究組織(教員組織)はシステム情報系社会工学域となった。
  4. ^ 2009年-現在 Fellows of the Econometric Society [リンク切れ]
  5. ^ 2011年-現在 Economic Theory Fellows
  6. ^ 日本経済新聞 「浸透するゲーム理論、駆け引きの機微を科学に(活字の海で)」 2003年6月8日 朝刊、p. 23。

外部リンク編集