金山町立東第二中学校

金山町立東第二中学校(かなやまちょうりつ ひがしだいにちゅうがっこう)は、かつて岐阜県益田郡金山町(現・下呂市)にあった公立中学校

金山町立東第二中学校
国公私立 公立学校
設置者 金山町
設立年月日 1947年
閉校年月日 1970年
共学・別学 男女共学
所在地 509-1602
岐阜県下呂市金山町卯野原[注釈 1]
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

沿革編集

  • 1947年(昭和22年)
  • 1950年(昭和25年)5月 - 東村立東第二中学校として独立する。東第二小学校に併設。
  • 1955年(昭和30年)3月1日 - 武儀郡金山町、菅田町郡上郡東村、益田郡下原村が合併し、益田郡金山町が発足。同時に金山町立東第二中学校と改称する。
  • 1967年(昭和42年) - 金山町内の4つの中学校(濃斐中学校菅田中学校東中学校・東第二中学校)の統合計画が作成される。
  • 1970年(昭和45年)
    •  3月31日 - 金山町内の中学校を統合し、金山町立金山中学校の新設により廃校。
    • 4月1日 - 金山町立金山中学校東第二分教室となる。
  • 1971年(昭和46年)3月 - 岩屋ダムの建設により校区の住民が集団離村。東第二小学校が廃校となり、金山中学校東第二分教室は事実上休校となる。
  • 1972年(昭和47年) - 金山中学校の統合校舎が完成し、金山中学校東第二分教室を廃止。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 現在の住所表記。

参考文献編集

  • 金山町誌 (金山町誌編纂委員会 1975年) P.919 - 921

関連項目編集