郡上郡

日本の岐阜県にあった郡
岐阜県郡上郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:後に他郡から編入した区域)

郡上郡(ぐじょうぐん)は、岐阜県美濃国)にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は上記の他、下記の区域にあたる。

  • 郡上市の大部分(白鳥町石徹白を除く)
  • 下呂市の一部(金山町弓掛・金山町卯野原・金山町乙原・金山町岩瀬・金山町祖師野・金山町戸部・金山町東沓部)

歴史編集

郡上おどり』をはじめとする伝統行事で有名なだった。「郡上」の地名は、郡域と概ね同じ面積を持つ現在の郡上市に引き継がれている。

855年斉衡2年)に美濃国武儀郡から分かれて成立した。郡名の由来は地図で見た場合に「武儀にある郡」であることから。明治時代から岐阜県に属した。

近世以降の沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 18村 安郷野新田、土京村、鹿倉村、野尻村、上沢村、横井村、東野村、入津村、小板屋新田、貢間村、下野村、中之保村、夕谷村、洲河村、田平村、厚波村、野々倉村、小那比村
旗本領 20村 西乙原村、門原村、福手村、沓部村、広瀬村、中原村、相原村、八坂村、岩屋村、卯野原村、弓掛村、方須村、宮地村、法師丸村、●祖師野村、戸川村、下洞村、下沢村、宮代村、乙原村
藩領 美濃郡上藩 1町
125村
木尾村、繁在村、根村、下田村、高原村、粥川村、赤池村、杉原村、鬮本村、門福手村、那比村、寺本村、亀尾島村、鈴原村、腰細村、勝原村、大矢村、福野村、野尻村、新羽根村、下刈安村、上刈安村、三日市村、相戸村、深戸村、梅原村、名津佐村、東乙原村、千虎村、穀見村、中野村、勝更村、島方村、赤谷村、田尻村、川佐村、市島村、在原村、歩岐村、小久須見村、大久須見村、二間手村、畑佐村、小川村、坂本村、鎌辺村、漆原村、口長尾村、奥長尾村、東気良村、西気良村、寒水村、神谷村、下津原村、吉田村、石原村、符路村、鶴佐村、小野村、五町村、坪佐村、場皿村[1]、小瀬子村、大瀬子村、口神路村、中神路村、上神路村、河辺村、万場村、今万場村、名皿部村、落部村、島馬場村、内ヶ谷村、越佐村、向小駄良村、二日町村、長滝村、歩岐島村、前谷村、鮎走村、正ヶ洞村、中切村(現・郡上市高鷲町大鷲)、穴洞村、西洞村(現・郡上市高鷲町西洞)、鷲見村、向鷲見村、切立村、阿多岐村、折村、高久村、藤林村、畑ヶ谷村、栃洞村、橋詰村、野添村、中西村、陰地村、那留村、白鳥村、為真村、大島村、中津屋村、剣村、徳永村、牧村、大間見村、小間見村、西俣村、母袋村、東俣村、戒仏村、坪谷村、為安村、鳩畑村、深皿村、原村、中切村(現・郡上市八幡町初音)、是本村、中坪村、上之洞村、安久田村、印雀村、西洞村(現・郡上市八幡町初音)、鬼谷村、八幡町
  • 慶応4年
  • 明治4年
  • 明治初年 - 沓部村のうち馬瀬川以東が分立して東沓部村となる。残部は改称して西沓部村となる。(1町164村)
  • 明治7年(1874年)9月[2]
    • 2ヶ所存在した西洞村がそれぞれ鷲見西洞村(現・郡上市高鷲町西洞)・小駄良西洞村(現・郡上市八幡町初音)に改称。
    • 2ヶ所存在した中切村がそれぞれ鷲見中切村(現・郡上市高鷲町大鷲)・小駄良中切村(現・郡上市八幡町初音)に改称。
  • 明治8年(1875年)1月 - 以下の各村の統合が行われる[3]。(1町88村)
  • 明治12年(1879年2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての郡上郡が発足。郡役所が八幡村に設置。
  • 明治15年(1882年)4月 - 鷲見村の一部が分立して西洞村となる。(1町89村)

町村制以降の沿革編集

変遷表編集

脚注編集

  1. ^ 記載は場皿新田。
  2. ^ 明治7年9月岐阜県第187号布達
  3. ^ 明治8年1月岐阜県第17号布達
  4. ^ この時点では八幡殿町、八幡柳町、八幡桜町、八幡本町、八幡鍛冶屋町、八幡職人町、八幡横町、八幡肴町、八幡橋本町、八幡新町が存在。

参考文献編集

関連項目編集