メインメニューを開く

金澤 一郎(かなざわ いちろう、1941年6月20日 - 2016年1月20日)は、日本医師医学者。専門領域は大脳基底核小脳疾患の臨床、神経疾患の遺伝子解析、中枢神経系の神経活性物質の探索などの脳科学分野[1][2]

金澤 一郎
生誕 1941年6月20日
東京都
死没 (2016-01-20) 2016年1月20日(74歳没)
東京都港区
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 神経内科学
研究機関 筑波大学
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

東京都出身、日比谷高等学校を経て、1967年東京大学医学部医学科卒業後、東京大学医学部に残り、神経内科の内勤研修医を経て、1974年イギリスへ渡り、ケンブリッジ大学薬理学教室客員研究員を務める[1][2]

1974年9月 東京大学 医学博士 論文の題は 「ヒト黒質内におけるγ-アミノ酪酸(GABA)の微細分布に関する研究」[3]

1976年に帰国した後に筑波大学臨床医学系神経内科講師に就任、神経医学研究に携わる。1979年助教授1990年教授へ昇格している[1]

1991年に東京大学医学部脳研神経内科教授となり[1]1996年には東京大学教授現職のまま社団法人日本内科学会理事長及び文部省学術国際局科学官を務める[2]

1997年4月から1999年3月まで東京大学附属病院院長を務めた後、2002年3月に東京大学を定年退官[1][2]。同年4月より国立精神・神経センター神経研究所所長及び宮内庁長官官房皇室医務主管に就任[1][2]。同年5月社団法人日本神経学会理事長に就任[2]。また2006年日本学術会議会長及び内閣府総合科学技術会議評議員に就任[1]。2007年から国際医療福祉大学大学院副大学院長・教授、2011年から国際医療福祉大学大学院大学院長・教授。

また2007年から独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構運営委員を務め、大学設立にともない2011年学校法人沖縄科学技術大学院大学学園理事に就任。

宮内庁皇室医務主管、国立精神・神経センター名誉総長、日本学術会議会長及び国際医療福祉大学大学院教授ならびに国際医療福祉大学大学院長を務めた。

2011年日本学術会議会長退任。2012年6月1日皇室医務主管依願退官。後任は元東京大学医学部附属病院副院長の名川弘一。宮内庁侍従職御用掛に就任。2012年から第一三共株式会社取締役

2013年11月、瑞宝重光章を受章。

文部科学省日本ユネスコ国内委員会委員、高知県公立大学法人理事、NPO法人遺伝カウンセリング・ジャパン理事長、特定非営利活動法人脳の世紀推進会議副理事長なども務めた。

2016年1月20日、膵臓癌のため東京都港区の病院で死去[4]。74歳没。歿後に正四位追叙[5]

著書編集

  • 『家庭医療~家庭医をめざす人・家庭医と働く人のために~』(ライフメディコム 2002年)
  • 『スタンダード家庭医療マニュアル』(永井書店 2005年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g インタビュー:金澤一郎氏「社会の期待にこたえるアカデミーに」および「金澤一郎氏のプロフィール」”. 科学技術振興機構. 2010年8月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 国立精神・神経センター総長:金澤一郎”. 地方分権研究会 = 親委員会の委員. 地方分権研究会事務局. 2010年8月16日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 金沢一郎氏が死去 元皇室医務主管 日本経済新聞 2016年1月21日
  5. ^ 官報』第6722号(平成28年2月25日付)9頁